どのようにしてお金を借り返済していくのか?

サイトマップ
カードローン110番 > 特別企画:自己破産男子のキャッシング日記 > どのようにしてお金を借り返済していくのか?

どのようにしてお金を借り返済していくのか?

さて、三井住友とSMBCモビットから200万円と50万円の合計250万円の借入れをすることとなったのですが、どちらもお金を借りるときは一瞬で終わります。

お金を借りようと契約をするときは必要書類の提出や、契約書を書いたり在籍確認をしたりと大変ですが、一度契約が完了すればあとはカードを受取、そのカードでお金を借りるだけです。

さほど難しいこともありません。誰でもカードさえ手には入れば、いつでもお金を借りることは出来るのです。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

様々な借入れ方法

002お金を貸してくれる金融機関や消費者金融は様々ありますが、どこでもだいたいいくつかの借入れ方法を用意してくれています。

直接自分の口座にお金を振り込んでくれる方法や、銀行やコンビニのATMでお金を借りる方法、そして店舗で直接融資してくれる方法です。

私が利用した三井住友銀行やSMBCモビットでもいくつかの借入れ方法がありましたが、私が選んだのはATMでの借入れです。

カードローンの契約後はカードローン用のカードを受け取ります。

それはキャッシュカードと同じようなカードであり、そのカードを使ってATMにカードを入れて、カードの残高分だけお金を引き下ろして借りれるという仕組みです。

使い方自体は銀行のキャッシュカードと何ら変わりはありません。

プロミスの詳細はコチラ >>

カードでのお金の引き下ろし

カードローン用のカードでATMを使ってカードを引き下ろすときも、一度に一気にお金を全額引き下ろすことも出来ますし、少しずつ引き下ろしても、まったく引き下ろさなくても良いのです。

使い方はカードを受け取った人次第ですが、私の場合は三井住友銀行もSMBCモビットもどちらも一括で全額引き下ろして借り入れしました。

カードローン用のカードも口座への送金も出来ますから、自分の口座の残高が一気に増えたのを覚えています。

借入れをすると一気に自分の手元にまとまったお金が手にはいるのですが、一瞬それはなんだか自分がお金持ちになった気にもさせるぐらいの大金でした。

なにせ合計で250万円ものお金が自分の元に入ってきたのです。お金が入ってきたことで気持ちも高ぶり危うく自分を見失いそうにもなります。

しかし、手元にカードローン用のカードがあり、それを見れば、これは借金なんだという現実を突きつけられて、現実を直視させてくれます。

アコムの詳細はコチラ >>

返済をする日々の始まり

004借りた物は返さなければいけないのが世の常であり、当然借金なら尚更です。

私も三井住友銀行とSMBCモビットにお金を借りた瞬間から借金を返済する日々が始まりました。

まずは三井住友銀行から200万円借りた場合は、毎月一定額を決まった日に返済します。

金融機関によっていくら借りたら毎月の最低返済額はいくらからと決まっており、私の三井住友銀行への毎月の返済額は25,000円だったと思います。

それを毎月月末までに返済するのです。

これはカードローン用のカードでお金を借りたときとは逆に、そのカード宛に毎月25,000円を振り込んで返済します。

そうして毎月カード宛に振り込むことで残高が増えていくととなり、残高分が借金の返済額でもあるのです。

しかし、カードローンでは利息もあります。この25,000円には利息分も含まれており、利息分は三井住友銀行に持って行かれ、残りがカードローン用のカードに充填される形となります。

25,000円返済しても、確か利息では10,000円ぐらいが持っていかれたと思います。実質の返済額は15,000円ぐらいにしかならないのです。

その後SMBCモビットでも借入れをして、同じくSMBCモビットもカードローン用のカード宛てに振り込むことで返済することとなり、こちらは確か毎月の返済額は10,000円だったと思います。

もちろんこれにも利息分が含まれており、利息で4,000円ぐらい取られたと思います。

プロミスの詳細はコチラ >>

残高があればいつでも下ろせる

三井住友銀行に毎月25,000円、そしてSMBCモビットに毎月10,000円の合計35,000円を私は返済していくこととなり、毎月遅れずに決まった日までに返済することとなります。

毎月ATMへ行ってカードローン用のカードを使いそこへ振込をします。

そうすると、カードの残高が毎月少しずつ増えていきます。

私の場合の三井住友銀行のカードローン用のカードでは毎月15,000円ずつ残高が増えていきました。

ここで曲者なのが、実はカードローンではこのカードに残高があれば、いつでも再度下ろしてまたお金を借りることが出来るのです。

例えば、毎月返済してカードの残高が10万円となれば10万円分の借入れ枠が出来たのと同じ事です。

仕事を変えて生活が苦しかった私は、家賃や公共料金さらにはカードローンの返済と合わせると、給料で足りるか足りないかギリギリの時が度々ありました。

そのために、毎月少しずつ返済しては、カードローン用のカードの残高が数万円になるとすぐにそれを下ろして、再度借金を増やすようなことをしてしまっていました。

一度こうなると大変です。

カードローン用カードの残高があれば、すぐにまたそれを下ろすという生活になり、一向に借金は返済できずに、いつまで経っても完済できないという悪循環に陥ってしまいました。

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

特別企画:自己破産男子のキャッシング日記【目次】