借り入れ先の選定で特に重視したこと

サイトマップ
カードローン110番 > 特別企画:自己破産男子のキャッシング日記 > 借り入れ先の選定で特に重視したこと

借り入れ先の選定で特に重視したこと

前回記載したように、私には親の借金の肩代わりとして200万円のお金が必要になりました。

その時は社会人として1年か2年目であり、運がよいのか悪いのか今まで金融機関からはお金を借りたことはなかったで、私の借金履歴は真っ白でした。

当時は年収としては300万か400万ほどあったと思いますので、その当時はまだ年収の3分の1までしか貸してはいけないという総量規制もなく、なんとか200万円ならぎりぎり借りられるだろうと予測しました。

親から連絡が来て、出来るだけ早くお金が必要だとも言われましたので、のんびりとあちこち探している暇もなく、有名な金融機関なら問題なく貸してくれるのではないかと考えました。

アコムの詳細はコチラ >>

借入先の選定

金額が金額だけにその辺の中小の消費者金融ではまず借りるのが無理でした。

というのも、中小だと貸出し限度額が50万や多くて100万、中には初めてのお客様は10万円までという所もあります。

そのようなところは必要金額から見て借入先候補としては除かれます。

そのころはどのような金融機関があるのか、年利はどれぐらいでどこがお得かということもよく分からずに、なにぶん初めてのキャッシングであり、どのように借りるのか、手続きはどうするのか、契約書類はどのようなものが必要かなどは全くわかりませんでした。

そこで思いついたのが、いつも利用している銀行でした。

当時から三井住友銀行をメインバンクとして利用していたので、ここなら大手であり200万の借入れも出来るのではないかと考えました。

ホームページを見ると当時の貸出し限度額は忘れましたが数百万円だったと思いますので200万円を借りるのには限度額で見れば問題ありませんでした。とにかく自分の希望額は限度額以内であることは確かでした。

そこで、親とも相談し、初めのキャッシングなので三井住友なら大丈夫だろうということで、借入れ申し込みをしました。

プロミスの詳細はコチラ >>

サポートセンターに聞きまくる

三井住友で借りることに決めたのはいいのですが、どうやって借りればいいかよくわかりませんでした。

銀行まで行く必要はあるだろうと思っていましたが、どのような手続きをすればいいかわからなかったのです。

そこで三井住友銀行のホームページにサポートセンターの電話番号がありましたので、色々聞くことにしました。

それによれば、収入を証明する書類が必要なこと、カードでお金を借りること、銀行なら自動受付機、それ以外なら郵送で申し込めるということを知りました。

お金を借りたことがなかった私は、特にこのカードでお金を借りるというのが理解できませんでした。お金を借りるのに、何故カードをもらうのだろうかと、馬鹿みたいな疑問を持っていたものです。

そうして、必要書類を揃えて自動受付機へ向かって手続きをして、無事その場で審査も通りお金を借りられました。

そこで200万円無事借りられたのですが、残念ながらその200万円はすぐにその場で親に送金しました。

プロミスの詳細はコチラ >>

生活資金と引越し資金の50万円を借りる

これも前回記載した内容ですが、200万円借りた後も仕事はもちろん続けましたが、体調を崩し病気になり、仕事を変えることになり、引越しました。

その時の引越し資金と生活資金として50万円借りたのですが、今度はじっくりと各金融機関を比べて何処がよいか調べました。キャッシングの紹介サイトを開いて、そこで紹介されている金融機関を一つずつ見て比べました。

限度額はいくらか、金利はいくらか、ネットから申し込みは出来るのかなど比べました。その時に特に重視したのが、近くに申し込める店舗があること、もう一つは提出書類で給与明細を受け付けていることでした。

これは確実に店舗へ行ってお店の人と対面して申し込みをしたかったことと、収入証明書は通常は源泉徴収票か給与明細書を提出することとなりますが、源泉徴収票を取り寄せるのは面倒くさかったので、すぐに用意してもらえる給与明細書で申し込みを受け付けてくれるところの2つを重視しました。

さらには有名であるところというのも前提にして探したら確か三井住友銀行グループのSMBCモビットだったと思いますが、そこで借りることにしました。

そうして書類を用意して申し込みに行くと、問題なく審査を通過し50万円のお金を借りることが出来ました。

確かこの時もまだ総量規制は行われておらず、年収に対してかなり大きな借入額ですが、ぎりぎり借りられたのだと思います。あと数年遅ければ、これだけの金額を借りるのは無理だったでしょう。

こうして250万の借金を背負い、三井住友銀行とSMBCモビットとの2枚のカードを持つことになりますが、同時に毎月の返済義務が発生し、それと同時に毎月1万円か2万円ぐらいづつ返済し、その金額分だけいつでもまた借りられるお金が出来てしまいました。

カードローンは残高に余裕がある分だけ、いつでも借りられるというのがまたデメリットでありネックでもありました。

プロミスの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

特別企画:自己破産男子のキャッシング日記【目次】