なぜ、キャッシングを利用しようとしたのか?

サイトマップ
カードローン110番 > 特別企画:自己破産男子のキャッシング日記 > なぜ、キャッシングを利用しようとしたのか?

なぜ、キャッシングを利用しようとしたのか?

  • 名前 : 北野誠一郎
  • 性別 : 男
  • 当時の職業 : 社会人
  • 当時の年齢 : 24歳
  • 借入件数 : 2社
  • 利用時期 : 2006年~2012年
  • 借入金額合計 : 約250万

キャッシングは、急な出費には大変ありがたい存在です。

しかしながら、その実体や内容を知らずに利用すると、後々大変になります。

お金を借りてその場凌ぎだけを考えていると、その後の返済で苦労します。

キャッシングを利用するということは、同時に返済義務も発生するということをよく理解せねばなりません。

親からのお金の工面の相談

当時は社会人として働き始めたばかりのころ、会社に在籍して数年経った頃でしょうか、親から電話が来て、お金が必要だから貸して欲しいと言われました。

最初は、数万円ほどでしたが、次第にその金額も大きくなっていきます。

その頃は幾分か私も貯金があり、せっかく働いているんだからどんどんお金を貯めていこうと決意し、毎日会社で働いていました。

そんな中で、また親から連絡が来てどうしても生活資金がないから20万円ほど貸して欲しいと言われました。

貯まったお金がまるで湯水のように消えていく状況に憤慨しながらも、育ての親なので、渋々お金を工面しました。

親はそれなりの企業で働いており、稼ぎも悪くはありません。それなのに、しばしばお金を工面して欲しいとの連絡があり、おかしいと感じていました。

そして、うすうす実家の状況をなんとなくではありましたが直感で予想はしていました。

早期退職した親の生活資金

そうして、まるで私の給料が右から左へ、会社から親へ直行するような、毎月工面するような状況が続く中で、あるとき丁度ボーナスの時期でしょうか、まとまったお金が手に私は、入り喜んでいました。

そんな時にまた親から連絡が入り、今度は車検で車の部品交換に30万円ほど必要、生活費でプラス10万円ほど必要なので、工面して欲しいと言われました。

このときは本当に親へ工面すべきかどうか悩んだ末に、また40万円を渡しました。その時には私の給与用の口座は、まるで穴の開いたバケツのように入った給与は生活分を除いて親へ漏れていくような状況です。

私もこうなるまで何もしなかったのは馬鹿だったと思います。今思えば、親がこんなにお金に困っている状況で、どうしてそんな状況なのか問いたださなかったのは愚かでした。

もう少し早めに親へ何故そうなっているのか聞くべきでした。

プロミスの詳細はコチラ >>

200万円の親戚からの借金

そのようなお金を工面している状態が続く中で、ある日の電話では衝撃的なことを言われました。

200万円の借金があるので、どうにかキャッシングをして立替えて欲しいという話です。

なんでも親から話を聞いてみると、実は数年前に早期退職しており、すでに仕事はしておらず、その間は退職金で暮らしていたが、生活資金も底をつき、借りるアテもないので親戚から200万円を借りた。

まとめて返すという約束だったが、当然そんなお金を用意出来ることもなく、親戚の家に行くと怒鳴られ借金してでもすぐに返せと言われた・・・という話でした。

まったくもって、自分の借金を子供に肩代わりさせる親がどこにいるでしょうか。

そして、収入が無ければ当然いつかはお金がなくなりこうなることはわかりきっていたのに、何故働こうとしなかったのか。

私は怒りがふつふつと沸いてくるばかりでした。

アコムの詳細はコチラ >>

借入れを決意する

こんな話を聞かされて、すぐに返事できるはずもなく、親との縁を切るのか、このまま無視するのか、それとも身を削って借金をするのか悩みました。

しかしながら、今まで育ててくれた親だということもあり、仕方が無く200万円の借入れを決意しました。

幸いにしてなのかはわかりませんでしたが、私はそれまで一度もキャッシングはしたことがなく、また運良く総量規制もありませんでしたので、年収が300万か400万ほどあり、これなら何とか借りられるだろうという事です。

そうして、無事に三井住友から200万円借入れすることが出来、私には200万円の借金が出来ました。

プロミスの詳細はコチラ >>

当面の生活資金の借入れをする

そんな不安定な状態が続いていたので、私の体は不調をきたし病気になってしまいました。

何とか体は動かせる状態でしたが、それまで働いていた会社は休むことが多くなり、自分でも正社員として働くのは無理だと実感しました。

そのために、もう少し時間に都合付けて働けるフリーターとして働くことを決意し、会社に在籍しながら仕事を探しました。

フリーターとしてハードルを下げて仕事を探したのが良かったのか、探す業種が良かったのかは分かりませんが、運良くすぐに次の仕事は見つかりました。

ただし今住んでいるところからは少し遠かったので、新しい会社の近くに引っ越すために資金と、2ヶ月ほど先の給料が入ってくる為の当面の資金として今度は三菱東京UFJから50万円の借入れをしました。

このときもまだ総量規制はなく、ぎりぎりで限度額いっぱいまで借りることが出来ました。こうして私には250万円の借金が出来ました。


プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

特別企画:自己破産男子のキャッシング日記【目次】