友人の死

サイトマップ

3度目のキャッシング

何回か前の記事で、【債務整理後キャッシングはしませんでしたよ!】と書きましたが、実際にはしました。

でも!この3度目のキャッシングはあくまでも【友人の為】なので、自分で利用したのはあの時が最後!と私の中で解釈しています。

3度目のキャッシングはSMBCモビットオリックスです。債務整理をする前にカードを作っていました。

しかし、作っただけで一度も利用することなく、そのカードの存在は頭の中から消えていましたが、Tからお金を貸してと頼まれた時にふとこの二つのカードを思い出しました。

一度も利用していませんが、債務整理した後だし、使えるか分からなったけど使ってみることに。すると何事もなく現金を引き出せました。

債務整理後でもキャッシングできるんです。これには驚きました。債務整理後にカードを作ることは難しそうですが、債務整理前に作った未使用のカードなら、キャッシングできることが分かりました。

SMBCモビットから10万円。オリックスから10万円。Tに渡しました。しかし、貸す際に二つ条件を付けました。

毎月の返済金額は最低でも1万円。それからキャバクラで働いてもらうことです。Tはその時昼職1本で、ショップ店員をしていました。

雇用形態は正社員ではなく派遣社員。お給料は手取りで月に20万円くらいだと思います。

Tは【何年かかっても返す】と言いましたが、実際【気持ち】だけではお金は返せません。なので時給のいいバイトをしてもらうことをお願いしました。

さすがに友人に風俗はすすめられなかったので、私が以前働いていたキャバクラの系列店で働いてもらうことを提案・そこで働くことを条件としました。

Tはキャバクラで働くようなタイプではなかったので厳しい条件だったと思います。でも了承してもらい、月に数回出勤するようになりました。

プロミスの詳細はコチラ >>

膨らむ借金

Tは毎月2万~3万円程返済してくれましたが、数か月するとまたお金が必要とのこと・・・それを繰り返すうちにキャッシング金額合計が130万円になりました。

SMBCモビット80万円・オリックス50万円。これは限度額いっぱいの金額です。

さすがに不安になってきたのでTに聞いてみました。【今、私から借りているお金の合計知ってる?】と。すると【130万よね。ごめんね。ちゃんと返すから】という返事。

私がキャッシングしていた時はいくら借りているか分からなくなっていたけど、Tはお金の管理をきちっとしていました。私とは大違いです。

Tは続けて、【キャバの出勤もっと増やして返済するから!】と言いました。なので信じてみることに。

実際、数日後にキャバクラで働く知り合いからTが最近頑張ってるということを聞いたので見守ることにしました。

しかし毎月の返済金額は増えることなく2万~3万円。出勤日数が増えている分お給料も増えているはずなのに。

この時にもしかして他にも借金があるのかな?と思いました。聞いてみるとその通りで、私からの借金以外に150万ほどの借金があるとのこと。

治療費はそんなにかかるのか・・・と同情する気持ちと、他にも借金があったら私への返済はいつになったら終わるんだ??とまた不安になりました。

不安になるなら貸さなきゃいいのにバカな私です。私はTに債務整理を勧めました。するとTは【うん。このままじゃどんどん借金が膨らむ一方だし、そうする】とのこと。

すんなり債務整理を受け入れてくれました。しかし、そんな会話をした数日後、【もうお金返せない。色々気にかけてくれたのにごめんね】という内容の電話があったんです。

翌日Tは自殺しました。

アコムの詳細はコチラ >>

多重債務の末自殺

Tの自殺を知ったのはTの死から3日後。地元の友人から【死んだらしいよ。自殺だって・・】と噂話を聞きました。

私は自殺する前日に電話をもらいましたが、まさか自殺するとは思いもしませんでした。

あとから考えれば電話の内容は最後のお別れの言葉にも思えたけど、その時の口調は暗い感じもなくむしろいつも通りだったからです。

あの時私が何か感じとっていたらTは死ななくてすんだのかなぁ。今考えても遅いのですが。

噂話を聞いた時私は【え?????】と頭が真っ白。Tの死もショックでしたが借金はどうなるんだ・・・と冷や汗があふれだし、これからの返済をどうしていくかということで頭がいっぱいでした。

残されたお母さんと妹もかわいそうですが、この時はそんなことを思う余裕もなく、むしろ【死ぬなんて卑怯だ・・・】

【何年かかっても返すって言ったのに・・・】と、やり場のない怒りと悔やんでも悔やみきれない気持ちでした。

Tへのお悔やみの気持ちはもちろんあったけど、それ以上に【信じていたのに・・・】という気持ちが強かったです。

Tは遺書を残していて、借金苦による自殺と断定されました。どうして死を選んだのだろう・・・債務整理するって話ししてたのに・・・

私は遺書を見ていませんが、誰からいくら借りたとかという合計金額も内訳もなく、ただただ【家族に対してと関係のあった人への謝罪の言葉】が書いてあったらしい、とこれまた噂で聞きました。

その遺書には私の名前は書いてなかったのが少しさみしかったけど、最後に電話をくれたからTの頭の片隅には私の存在はあったのでしょう。

私に申し訳ないと思って最後に電話をくれたのかもしれませんね。Tの死後、どうやって返済しようかと焦っていましたが、お金を貸すと決めた時、借用書を用意しなかった私が悪いので、この借金は自分でなんとかしなければと腹をくくりました。

【130万のキャッシングと68万のリボ支払残高】

自分でなんとかしなければと腹をくくったものの、130万円ものお金をどうやって工面しようか悩みました。

この時私はリボ払いの残高もあったから余計に焦りがありました。昼職のお給料だけでは何年かかるか分からないし、この頃はバイトもほとんど休んでいたので稼ぐ方法が見つかりませんでした。

実は、Tが亡くなる数か月前に私は結婚しました。28歳でできちゃった婚です。昼職はデスクワークだったので続けることができましたが、バイトは立ち仕事だった為体のことを考えて出勤日数を減らしていました。

夫には私が過去に債務整理したことを打ち明けていたので、バイト代を返済に充てていることも知っているし、バイトを辞めるとなると返済する余裕がないということも結婚前に伝えてバイトすることを理解してもらっていました。

しかしTに貸していた130万円とカードの支払い残高が68万円もあることは内緒・・・結婚は考えていましたがこの時まだ付き合いが浅かったこともあり、現在進行形の債務についは話していませんでした。

でも妊娠し、結婚したからには話さないと・・・と考えている矢先にTの自殺。夫に相談しなければいけないのに、離婚を言い渡されたらどうしようと思うと言えず・・・

結局黙っておまとめローンをすることにしました。

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

特別企画:債務整理女子のキャッシング日記【目次】