完済後の生活

サイトマップ

完済後の生活

完済後の生活はいたって【普通】。

毎日仕事へ行って、帰ってからは家でテレビを見たり、会社の子とごはんへ行ったり、スポーツジムやエステに行ったりする生活。普通でしょ?

バイトは居酒屋だけにして、スタンドとテレアポは辞めました。

ほぼ毎日居酒屋のバイトを入れていましたが、週2くらいに減らして自分の時間も多く持てました。

さて、みなさんお気づきでしょうか?彼氏ネタが出てきてないことを。そうです。バイトで休みなく働いていたことで彼氏と別れました。

完済したことで得た自信と失ったもの

20歳の時に軽い気持ちでキャッシングしてから約2年間で200万円近くにまで金額は膨らみました。

(利息分含む)この金額を23歳で全額完済して、これまでに感じたことのない【達成感】を味わいました。

自分が作った借金なので当然のことをしただけなのに、

【私よく頑張った!】と初めて自分を誉めたし、自分に自信がつきました。

【やればできる!】なんて、どっかの塾の先生が言ってそうな言葉を、これまでの私だったら【熱いね~】と半ばバカにしたようにしか思ってこなかったけど、この時の私はまさに【やればできる!!】を連呼していたように思います。

(心の中でですが)

しかし失ったものもあります。彼氏と別れました。そりゃー毎日毎日バイトで、遊ぶ暇もなかったので振られますよね。

友人と呼べる友人がいなかった私にとって、彼氏はとても大切な存在でした別れた時はとても寂しかったです。しかし、私が昼職に就いた頃(まだバイトを始める前)から少しずつ彼との関係が変化していったんです。

周りの影響でバイトを始めようとしている時期に、『別に借金なんてゆっくり返せばいいじゃん』『返済遅れてないし大丈夫』と言う彼氏。

私は一刻も早く返済したかったので考え方に溝が生まれてきました。というか、私の考え方が変わったことにより、溝ができてしまったんだと思います。

共依存

彼氏について書いてきませんでしたが、彼氏にも借金がありました。

借金の理由は全てギャンブル。総額は300万円近くあったと思います。

私がキャッシングを利用し始めたきっかけも、【彼氏がキャッシングしていたから】です。

パチスロで勝ったら豪勢な食事にパーッと使い、負けたらまたキャッシング。

お互いに借金があることを知りながら、なんとかなるでしょ!という安易な発想で毎日を楽しんでいました。

彼氏にも借金があるし、私にもこれくらいの借金があっても大丈夫!そんな風に思っていました。彼氏も同じ気持ちだったと思います。

【借金いくらあるの?】とか、【返済計画立ててるの?】とか、【借りすぎじゃないの?】とかetcお互いがお互いにそういった会話を避けて、借金があるということから目を背けて生活していた気がします。

お互いに甘えあっている【共依存】という関係だったんです。なので彼氏からすれば、私が返済してしまうと【借金仲間】がいなくなります。

それが嫌で『そんなに焦らなくても大丈夫だよ』と、【根拠の無い大丈夫】を連呼していました。【うっとーしいなぁ】と思いつつも、二人でいる時間は楽しかったので、そういったすれ違いから気持ちは離れていっても、なかなか別れを決断することはできなかったです。

別れると決断するまでには3か月くらいかかりました。一人になるのは寂しかったけど、それは愛情ではなくただの情だったんだろうなと思います。正直別れてよかったです。

借金が有る無しにかかわらず、情で付き合っていてもいい結果にはたどりつかない気がします。もし昔の私のように悩んでる方がいらっしゃれば、情に流されずにしっかりと自分と向き合ってみることをおススメします。

寂しさは一時だけです!それを乗り越えなければ強くなれないと思います。私は自分に自信がなくて、誰かと一緒じゃないと不安に思う気持ちもあり、本当に弱い人間だったと思いますが、この時しっかりと自分と向き合うことができたことはよかったと思っています。

彼氏の【根拠の無い大丈夫】につられていたら、今もまだ無計画なキャッシングをしていたかもしれないし、もっと膨らんだ借金返済に追われていたと思います。

新しい生活

借金を返済し、彼氏とも別れ、これまで毎日入っていたバイトの出勤日数を減らし、自分の時間を楽しむようになりました。

これまで【自分の時間を楽しむ】ということをしたことがなかったから、最初は時間の使い方が分かりませんでした。

何をしたらいいか、周りは何をしているのか?

一人なんて恥ずかしい・・・と思って外に出ることができず、ネットで検索したのを覚えています。【休日 一人 過ごし方】とか【暇なとき 過ごし方】とか。

するとたくさん情報が出てきました。情報が出てくるということは、私以外にも同じ気持ちの人がいるんだと分かり、少し安心したんです。

影響を受けやすい性格は相変わらずなので、そこから少しずつ一人で自信を持って外出するようになりました。

ひとりでカフェで読書したり、ひとりで映画に行ったり、これまでの私では考えられない行動を始めました。中でもはまったのは海外ドラマを一気に見ること。これは今でも趣味の一つです。

少しずつ【普通の生活】に慣れてきた頃、昼職で共に働く事務員の子とも仲良くなって、プライベートでも遊びに行く関係になっていました。

休みの日にランチへ行ったり、買い物に行ったり、すごく楽しかったです。キャバクラ時代に仲が良かったA子とB子と遊んでいた時も楽しかったけど、

その時とは違います。見栄を張らなくてもいいし、お金がなかったら無理に付き合わなくてもいいし。何より返済日を気にせず生活できるのは、とても心にゆとりがありました。

普通の生活がすごく楽しかったです。

美容にかけるお金

キャバクラ時代の美容にかける金額は毎月10万~15万円でした。

エステが1回約1万円。それが週に2回なので、月に8万円。ネイルは1回約1万5千円。

それが月に2回なので月に3万円。

こんな生活が普通じゃないことは昼職についてすぐに気づきましたが、エステもネイルも好きだったので変わらず毎月通ってました。

しかしこれまで同様にお金をかけることはもちろんできません!エステは月に2回、ネイルは1か月半に1回に減らして、月の美容代を3万円以下に抑えました。

予算を決めて美容を楽しむことができるようになったのは嬉しかったですね。いつもネイルをキレイにしていたら、昼職で仲良くなったC子とD子も興味を持って、3人で同じエステサロン・ネイルサロンに通うようになりました。

施術してもらう人が同じ人なので、一緒に行くことはなかったけど、【次はいつなの?】とか【どんなネイルにするの?】等、仕事中もプライベートな会話をするほど仲良くなりました。アットホームな職場だったのでそれが可能だったのですが。

ある日C子が【全身脱毛してる?私する予定なんだけど一緒に行かない?】と聞いてきました。二人以上で契約すると安くなるそうで、誘ってきたのです。

私は全くしたことがなくて、D子は【わき・Vライン】だけしたことがあるとのこと。私は毛深い方だったのでとても興味がありました!

なので早速話を聞きに行くことに。勘のいい方はもうお気づきかもしれませんね。そうです。私がキャッシングの利用を再開するのはここからです。

特別企画:債務整理女子のキャッシング日記【目次】