ノーローン評判や口コミを徹底解説

サイトマップ
カードローン110番 > 銀行系カードローン > ノーローンは給料日前の金欠解消に最適なキャッシング

ノーローンは給料日前の金欠解消に最適なキャッシング

ノーローンの強みは、1週間無利息が何度でも適用になることです。ネット評判や口コミでも、無利息特典に魅力を感じているというコメントが多いのです。

一般的な無利息キャッシングは、無利息になる回数は1回のみなのです。30日間の無利息期間があるなら、31日目から利息が発生するのです。

30日間以内の借り入れなら、借りた金額分の返済でいいのですが、31日目からは通常のキャッシングと何ら変わりありません。

1週間の無利息が何度も使えるキャッシングは、ノーローンしかありません。キャッシングの利用目的で特に多いのは、「給料日まで足りないので借りたい」というものです。

給料日の1週間前くらいになると、お金が足りなくなる方は多いでしょう。金欠で同僚や友達の誘いを断ってしまう方も大勢いるはずです。

そんなとき、ノーローンなら1週間後の給料日まで無利息で借りることができるのです。返済した翌月も無利息期間が設定されるので、何度でも給料日前のピンチを助けてくれるのです。

利用限度額は1万円~300万円までとなり、総量規制の対象となります。シンキは新生銀行グループですが、銀行ではなく消費者金融に属するため、借り入れは年収の3分の1が上限となります。

ご自身の年収を3で割った金額が借り入れできる最高額なのです。他社からの借り入れも含めて年収の3分の1以内であればOKです。

借り入れは1万円から可能なので、少しだけ借りたい方にもおすすめです。10万円単位で融資しているローンだと、借りすぎに陥りやすいため、1万円から借りられるローンが好ましいのです。

実質年率は4.9%~18.0%と良心的で、グレーゾーン金利時代のローンと比較して5%~10%程度は金利が低くなっています。

金利が低いと利息が減るので、返済における負担は確実に軽減します。ローンの利用において一番重視するべき点は金利なのです。

他の条件がどんなに優れていても、高金利ローンは利用するべきではありません。ノーローンを利用できる方は、20歳~69歳で安定収入のある方となります。

返済方式は借入金額スライドリボルビング方式となり、毎月、最低2,000円からの返済が可能です。返済期間は6年9ヶ月まで、返済回数は1回~80回となります。

担保・保証人は不要であり、個人の信用だけを元にして借りることができます。ノーローンのWEBサイトのお試し診断を受ければ、借り入れ可能かどうかわかります。

年齢、税込み年収、他社借入件数と金額、他社返済の遅延の項目に入力して診断してください。WEBなら24時間365日いつでも申し込みができます。

申し込む前に、必要書類として運転免許証、健康保険証、パスポート、住基カード、収入証明書類などを用意してください。

50万円までの利用ならば、原則として収入証明は必要ありません。

利息を最小限に減らすためのコツは

ノーローンには1週間の無利息期間があるので、他社よりもお得に借りることができますが、利息を徹底して抑えるためには他のポイントにもこだわる必要があります。

返済期間は1年以内、返済回数は12回以内に抑えれば、利息計算が行いやすくなります。ほとんどのキャッシングの借入金利は年利表記になっています。

実質年率18.0%というのは、1年間借りた場合の金利なので、1ヶ月間だと1.50%になるのです。借入期間を短くするほど、将来支払うべき利息は少なくなるわけです。

そのためには、短期間で返済する工夫が必要であり、節約によりムダをなくして月の返済額を増やしていく方法が効果的です。

月の返済額は3,000円よりも5,000円のほうが、完済までの期間は短くなります。借入期間の短縮により利息を抑えることにもつながるのです。

早く返済するためには、融資を受ける額をなるべく少なくすることも大切です。借りる金額が少ないほど返済は楽になるものです。

短期間での完済が可能となるので、利息を減らして総支払い額の減額にもつながります。借りる回数を減らす方法も、利息を抑えるために役立ちます。

借入回数が多くなるほど、総借入額の把握が難しくなるのです。利用明細を見ない方だと、雪だるま式に借入額が膨らんでいきます。

借りすぎないためのコツは、借入回数・返済回数を同じにすることです。お金を借りたら、借りた分を完済するまでは追加融資を受けないようにするのです。

非常にシンプルな借り方ですが、これを意識すると借りすぎることはありません。「1回借りたら、1回で返す」という方法が理想的です。

申込時に希望額を決めるときは、給料の1~2割程度が安全ラインとなります。年収400万円の方ならば、40万円~80万円程度に抑えておくべきでしょう。

お小遣いの補填に使うのであれば、10万円の希望額をおすすめします。事前に利用枠を10万円に設定しておけば、それ以上の借り入れはできません。

利用可能枠が大きくなるほど、実際の借入額も大きくなりやすいのです。はじめてキャッシングを利用する方、他社からも借り入れがある方、借りすぎが心配な方などは、10万円の希望額を設定するといいでしょう。

大手金融機関では限度額を500万円以上に設定しているところが多いですが、本来のキャッシングは小口融資用のローンなのです。

昔はサラリーマン金融(サラ金)と呼ばれており、「借りて給料日後に返す」という使い方が主流でした。

給料で一括返済できる金額を想定すると、自分にとって最適な限度枠が見えてくるでしょう。

申込みはこちら

ノーローンのキャッシングのメリットは

来店せずに24時間いつでもネット取引できるのが魅力です。休日・深夜も手数料0円で借入・返済ができるのです。パソコン、携帯から取引できるので、忙しくて窓口に行けないときに役立ちます。会員専用ページにログインして取引するので、利用状況を誰かに知られることはありません。

キャッシングの利用を誰かに知られてしまう理由は、店舗を出入りするところを見られてしまうからです。

ローン専用業者の窓口・自動契約機・無人ATMなどを利用している場面を見られたら、ローンを利用していると確実にバレることでしょう。

利用明細を管理して家族に見られないようにしても、バレてしまうケースは多いのです。
貸金業者の店舗は人通りの多い場所に集中しているため、出入りする場面を誰に見られているかわかりません。

プライバシー性において、ネット取引できるローンほど優れたものはないのです。すぐにカード発行したい方については、新生銀行カードローンのレイク自動契約機を利用するとスムーズです。

その場でカードが発行され、スピード融資を受けることができます。楽天銀行の口座を所有している方は、融資までさらにスピーディーになります。

楽天以外の口座の場合ですと、平日12時30分を過ぎてから融資決定した場合、振込融資が翌営業日以降になります。

楽天銀行なら平日17時までに結果がわかれば即日融資が可能なのです。

  • ノーローンポイントサービスとは

3コース(楽天スーパーポイント、ネットマイル、Gポイント)が用意されており、支払った利息額に応じてそれぞれのポイントが貯まるのです。

支払いした利息額に応じて、楽天スーパーポイントは0~700ポイント、ネットマイルは0~400mile、Gポイントは0~200Gポイントが付与されます。

ポイントを受け取るためには、それぞれのポイントサイトに登録する必要があります。

  • 楽天銀行口座を所有するメリット

ノーローンのキャッシングは様々な場所で借入・返済ができますが、24時間・365日いつでも手数料0円で取引できるのはインターネット(楽天銀行)だけなのです。

レイクATMも365日対応・手数料無料ですが、24時間対応ではありません。それ以外のコンビニ、ショッピングセンター、提携先銀行からの取引においては手数料が有料となります。

楽天銀行の口座があれば、いつでもどこでもネットで借入・返済ができるのです。窓口やATMに出向く必要はないので、忙しい方には最適です。

返済の利便性の高いローンは、遅延するリスクが低いものです。返済に手間・面倒がかかるローンほど遅延しやすいので、24時間・365日いつでもネット取引できるローンを利用しましょう。

  • 30日間の無利息ローンよりもお得

キャッシング業者は顧客獲得のためにキャンペーンを実施しています。無利息、低金利などを打ち出している業者が多いですが、それらには有効期限があります。

30日間の無利息の場合は、30日間の範囲内であれば何度追加融資を受けても利息はゼロですが、31日目から利息が発生します。

1回限定のキャンペーンなので、期間終了後は通常のローンとしての借り入れになります。

キャッシングの利用者の多くは1年以上の契約をするため、無利息期間よりも低金利にこだわるべきなのです。

1週間の無利息が何度でも使えるキャッシングはノーローンしかありません。30日間の借り入れをした場合は、無利息期間の7日間を除いた23日分しか利息は発生しないのです。

給料日前にお金が足りなくなる方にとって最適なローンだと言えます。

申込みはこちら