千葉銀行カードローンの評判や口コミを徹底解説

サイトマップ
カードローン110番 > 銀行系カードローン > 千葉銀行カードローンの評判や口コミを徹底解説

千葉銀行カードローンの評判や口コミを徹底解説


千葉銀行カードローン「クイックパワー〈アドバンス〉」は、融資金利年1.7%~14.8%(変動金利)、利用限度額最大800万円のローンです。「来店不要」のローンであり、千葉銀行の口座がなくても申し込めます。銀行カードローンは一般的に審査が厳しいですが、クイックパワー〈アドバンス〉の審査は「通りやすい」と評判です。

借入金利が低く信用性の高い銀行カードローンを手軽に発行できるチャンスです。

クイックパワー〈アドバンス〉の申込条件

当カードローンは、満20歳以上65歳以下で、「安定収入のある方」であれば申込できます。

金融機関によって「安定収入」の範囲が異なりますが、クイックパワー〈アドバンス〉は幅広い層に対応しており、パート・アルバイト・派遣社員でも申し込めます。さらに収入のない専業主婦も、配偶者に収入があれば申込可能です。

総量規制対象外ですので、年収の3分の1以上借りることも可能であり、借入状況に応じておまとめ・借り換えローンとしても利用できます。借入用途問わず(事業資金除く)、担保・保証人は不要です。

千葉以外のエリアにも対応している

千葉銀行のカードローンですが、千葉以外のエリアにも対応しています。インターネット支店で契約する場合は、千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川(横浜市・川崎市)に所在地のある方に対応しています。

上記エリアは、千葉銀行の本支店のあるエリアであり、直接店頭に行って契約することも可能です。

ただし、インターネット以外で契約する場合は、各店舗の営業地域内にお住まいの方、またはお勤めの方に限ります。

千葉銀行に口座があれば簡単!

当カードローンは、千葉銀行に口座がある方は、公式サイトからWEB完結申込を行うことができますが、その場合、本人確認書類も必要ありません。申込書なども提出する必要がありませんので、申込・審査回答・振込入金という3ステップで借入できます。

2営業日以内に審査回答

審査する書類が少ないので、審査スピードも良好です。原則的に2営業日以内に審査回答が出ます。千葉銀行に口座がある場合、銀行口座への振込サービスを利用することができるので、申込当日に審査回答があれば、そのまま銀行口座に直接入金してもらえます。

ただし、即日融資できるのは当日正午までに審査回答を得られた方です。

カードローンの申込と同時に千葉銀行の口座を開設することも可能ですが、その場合、口座開設も正午までに終了する必要があります。

申込方法

当カードローンは、ネット(PC・モバイル)、FAX、電話、郵送、店頭にて申し込みでき、土日祝日含めて7:00~23:00まで対応しています。WEB完結申込では、原則24時間受付ですが、審査をするのは上記の時間帯になります。

一番早いのは、ネット・電話申込であり、審査回答後に書類提出(利用申込書)する場合は、FAXまたは郵送にて提出できます。

ローンカードは後日自宅に郵送されます。

千葉銀行以外の口座を利用する場合、ローンカードを受け取ってから提携ATM(セブン銀行、イーネット、ローソン、ゆうちょ銀行、イオン銀行、都市銀行など)でキャッシングすることとなりますので、借入できるまで1週間程度時間がかかります。

年収が低くても大丈夫?


「アルバイト可能といっても、銀行系カードローンだし、ある程度年収がないと利用できないんでしょ?」と思われるかもしれません。確かに年収制限がなくても、実際は年収100万円、200万円以上じゃないと審査に通りにくいローンもあります。

しかし、クイックパワー〈アドバンス〉では年収自体よりも、年収に対して無理なく返済できるかどうかということが重要です。

たとえば、年収100万円で他社に借金がない場合、30万円くらいの借入であれば、比較的簡単に返済できると思います。

そのような方は、収入が低くても一定額を返済に回すことができるので、審査に通る可能性が高いです。

千葉銀行の公式サイトには「10秒診断」という仮診断がありますので、年収が低くて不安という方はここで確認してみましょう。

「10秒診断」で記入するのは、「年齢」「年収」「借入限度額」「住宅ローン含む年間返済総額」の4つです。

年間返済総額0円であれば、年収の半分以上の金額を入力しても、借入可能という結果が出ます。仮診断ですので、実際の審査回答と異なる場合がありますが、基本的に総合判断する姿勢であることが分かると思います。

クイックパワー〈アドバンス〉の保証会社は?

「話を聞いていると、消費者金融並みに審査が甘そう」と思われたかもしれません。実を言うと、当カードローンの保証会社は、エム・ユー信用保証(株)です。エム・ユー信用保証は、三菱東京UFJ銀行とアコムが共同で設立した保証会社であり、アコムの審査ノウハウをベースにしていると言われています。

地方銀行は都市銀行よりも審査基準が高い傾向がありますが、エム・ユー信用保証を保証会社にしているクイックパワー〈アドバンス〉であれば、比較的審査に通りやすいと思われます。

返済は月1万円から自動返済


毎月の返済は、約定日(毎月1日)前日の残高に応じて決まります。

残高50万円以下で1万円、50万円超100万円以下で2万円となります。自動引落しですので、口座の残高不足さえ気をつければ、返済を忘れることはありません。

もちろん、追加返済・一括返済も可能です。提携ATMだけじゃなく、店頭やインターネットバンキングでも返済できます。

提携ATMでは所定の手数料がかかりますが(千葉銀行ATMは無料)、千葉銀行に口座がある場合、ポイントサービスによってATM手数料が無料になります。

ポイントが貯まらなくても、当行口座があればインターネットバンキングに加入して、手数料0円で返済できます。

また、公共料金の支払いなどで口座残高が不足している場合、不足分をカードローンから自動的に支払う「自動融資サービス」も利用可能であり、うっかり忘れによる遅延リスクを減少させることができます。

[関連記事]

 
申込みはこちら