カードローン110番 > アコム審査落ちに共通する6つの特徴と審査に通りやすい条件や内容を徹底検証 > アコムで年収と審査・限度額の関係は?いくらまで借りられるか見通しをつけよう

アコムで年収と審査・限度額の関係は?いくらまで借りられるか見通しをつけよう

【目 次】
  1. アコムの手続きで年収はどこに影響するのか?
  2. アコムの申込条件「安定した収入」とは?
  3. アコムの審査で年収はどう見られるか
  4. アコム申込時に年収でウソをつくとばれるのか?
  5. アコムの審査で年収と限度額はどう関係するか
  6. アコム利用者の年収ってどれくらい?
  7. アコムの年収と審査・限度額の関係まとめ

アコムにおける年収と申込・審査の関係をご説明します。

「アコムを利用したいけれど、自分の低い年収で本当に借りることができるのか不安」
「ちょっとくらいなら年収を盛っても大丈夫?」

このような不安・疑問を抱えている人向けの記事です。

アコムでは、間違いなく年収をチェックしてお金を貸すか貸さないか、あるいはいくら貸すのか判断しています。

その基準は公表されていませんが、実際の貸付額はある程度データがあります。

今回の記事では、申込や審査にどう年収が影響するのか説明します。

また、最後には実際のデータを見て、どれぐらいの年収の人がいくらぐらい借りているのかお伝えします。

アコムの手続きで年収はどこに影響するのか?

アコムを利用するための手続きには、申込・審査・契約・借り入れ・返済があります。このうち、年収が影響するのは(当然ですが)申込と審査です。

年収がゼロならば申し込みすらできませんし、年収が低ければ審査通過率が落ちます。また、審査に通過しても年収が借り入れの限度額と関係してきます。

申込・審査と年収の関係について、もう少し詳しく見てみましょう。

安定した収入が申込の条件

アコムのカードローンを申し込むためには、「安定した収入」がなければいけません。

申込条件として、以下のように記載されています。

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

「当社基準」とは、審査の基準のこと。

これは公表されていません。また「安定した収入と返済能力」というのは分かりづらいのですが、別に高収入でなくてもよいのです。

詳しくは次の「アコムの申込条件「安定した収入」とは?」を見てください。

年収が審査項目の一つに?

どのような審査がアコムで行われているのか、利用者が知ることはできません。

しかし、審査が申込者の返済能力を見る以上、年収が審査対象に含まれていることはほぼ確実でしょう。

要するに、申込時に入力した借り入れ希望額を貸し付けたとして、申込者は本当に返済してくれるのか、ということです。

年収が高ければ返済してくれそうですし、低いと(よほど借入額が低くない限り)返済してくれなさそうです。

実際は、年収以外にもさまざまな項目を見ていると思われるためそれほど単純ではありませんが、それでも年収が高いに越したことはありません。

年収と限度額の関係は「総量規制」で決まっている

年収は、利用限度額にも影響しています。そこには、「総量規制」という仕組みが関連します。

審査では、申込者に「お金を貸すか」の判断に加えて、「どれくらいの金額のお金を貸すか」の判断を行います。

希望額が100万円だとしても、審査の結果限度額が50万円になってしまうことも十分考えられるのです。

借入限度額の上限を決めるのが「総量規制」です。

総量規制とは、消費者金融のような貸金業者が従うべき法律「貸金業法」で定められた規制で、「年収の3分の1以上は貸し付けてはならない」というものです。あまりに重い借金の負担に苦しむ人が出ないように定められたのですね。

たとえば、年収300万円の人は100万円以上借りられません。仮にアコム以外の消費者金融で既に80万円借りていた場合、アコムの限度額はどんなに高くても20万円です。

アコムの申込条件「安定した収入」とは?

アコムの申込条件の一つとして、「安定した収入」を得ていることがあります。しかし、「安定した収入」とは具体的に何を指しているのでしょうか?具体例を踏まえてお伝えします。

毎月決まった給料が振り込まれること

安定した収入とは、毎月決まった給料が銀行口座に振り込まれることです。

個人事業主の場合は、売り上げが振り込まれることになります。

ともあれ、仕事から得たお金を毎月振り込んでもらえているという事実が、アコムでお金を借りるための大前提です。

パート・アルバイト・派遣社員でもOK

「安定した収入」は、高収入である必要はありません。正社員でなくても、パートやアルバイト、契約社員、派遣社員などの形で、毎月給料を得ていればOKです。

要するに、まっとうな仕事でまっとうにお金を得ていれば、アコムを利用できるのです。ただ、専業主婦や学生など、完全に自分の収入がゼロの人は申し込むことができません。

投資・ギャンブルは不安定な収入

逆に不安定な収入とは、一定頻度で振り込まれない、額の上下が激しい収入のことです。典型例は投資やギャンブルによる収入ですね。

投資もギャンブルも、当たるときもあれば外れるときもあります(たいがい外れるという話もありますが……)。

アコムとしても、こんな人にお金を貸すのは恐いですよね。

ちなみに、安定して収入の入る本業を持っており、趣味や副業として投資・ギャンブルに手を出しているのであれば問題ありません。

アコム申込対象外なのは、お金を得る手段として投資やギャンブルしかないような人です。

年金収入も不安定な収入

高齢者には酷な話ですが、年金収入も「安定した収入」とは見なされません。

他に本業として仕事があるならばよいのですが、仕事をしていない場合は無職と同じで、アコムに申し込むことができません。

年金受給者が申し込めないのは意外かもしれませんが、ようするに「他力本願」でお金を得ている人がNGということですね。

アコムの申し込み条件や審査項目については「【5分でわかる】アコムで初めて借り入れする時のポイント全て」で詳しく解説しています。

アコムの審査で年収はどう見られるか

審査と年収の関わりを、もう少し詳しくご説明します。

審査で年収を見ているのは確実なのですが、もし嘘をついたらどうなるのでしょうか。しらばっくれることはできないのでしょうか。

審査内容・基準は分からない

繰り返しになりますが、審査で何をどのようにチェックしているのか、申し込んだ人は絶対に知ることができません。

アコムに限らず、審査内容はトップシークレット中のトップシークレット。

おそらく、申込内容や「個人信用情報」という個人データを基に申込者の「属性」をスコア化して通過か落ちるか決めている、とされるのですが、その証拠はありません。

インターネットを見ると、「審査内容は~~」とあたかも審査内容や基準を知っているかのような記事もありますが、話半分に読んでおくのが無難です。

年収が審査項目なのは確実

稼ぎが返済能力に密接に関わるのは間違いありませんから、審査においても年収は見られていることでしょう。

年収が低いのに希望額が高いと、返済能力がないと評価されて落とされます。総量規制の範囲内にとどめるとともに、できるだけ最低限の希望額にしておくのがおすすめです。

年収以外の審査項目も多い

年収以外に審査項目として考えられるのは、主に以下の項目です。

  • 勤続年数:長い方が信用が高いです。
  • 勤務先名:会社名によって審査結果が変わる可能性があります。
  • 勤務形態:正社員の方が有利なのは間違いありません。
  • 住居形態:賃貸より持ち家の方が一般的には有利です。ただ、住宅ローンの額は別途チェックされます。
  • 家族形態:いざというときに同居家族がいると、アコムとすれば安心です(代わりに払ってもらえる可能性あり)。
  • 事故情報:「異動情報」とも言います。過去に支払いや返済の延滞、債務整理、自己破産などの金融事故がないかチェックされます。
  • 借金有無:他にカードローンや住宅ローン、その他借金がないか、額はいくらかチェックします。

年収以外にも数多くの審査項目が考えられるので、年収が高いからと言って審査に通過するとは限りませんし、逆に低いからと言って落ちるとも限りません。

上記項目と借入希望額を含めた総合的な評価制度に基づく判断であることは念頭に置いてください。

年収を偽ってバレると即アウト

ここで気になるのは、申込時に嘘をついたとして、アコムはそれを見破ることができるのかということではないでしょうか。

たとえば、年収300万円なのに「年収500万円」と言ったらどうなるのでしょうか。

年収に限って言うと、ほぼ間違いなくバレます。

バレたら、間違いなく審査には落とされますし、二度と申し込めなくなる可能性が高いです。

仮に、「年収500万円」と嘘をついた年収300万円の人に、150万円貸してしまったとしましょう。

すると、年収の3分の1を超える金額を貸し付けたことになるので、場合によるとアコムが貸金業法違反に問われる恐れすらあります。

アコムは、そんなリスクは負いたくありません。したがって、長年のノウハウと「ビッグデータ」を活用して、精度の高い年収推定プログラムを持っていると考えられています。

参考:アコムの審査に落ちる人の特徴

アコム申込時に年収でウソをつくとばれるのか?

アコムの申込時に年収を入力する欄がありますが、そこで実際とは異なる年収を入力したらどうなるのでしょうか

うっかり間違えてしまったならともかく、意図的に嘘をついて多額のお金を借りようとしたら、まずバレると考えましょう。理由は、データベースの存在と収入証明書です。

大量のデータから正確な年収推測が可能

アコムでは、長年のノウハウと膨大なデータによって、正確な年収推測ができると思われます。

消費者金融やクレジットカード会社などの金融機関は、審査のときに「個人信用情報機関」というデータベースにアクセスして情報をチェックします。

他社を含めた過去の利用状況や「事故情報」を見られるので、そこでその人の年収は何となく分かります。

また、同じ会社に勤める他の人の年収を見れば、その会社の年収水準も分かります。そこから外れる年収を入力していると、不審に思われるわけです。

ちなみに、企業名で嘘をついても意味はありません。

「在籍確認」と言うのですが、実際にその人が勤める会社に電話をかけて本人がいるか確認してきます(担当者の個人名で電話をかけてくるので、アコムであることは分からないようにしてくれます)。

多額の借り入れだと収入証明書提出が必要に

年収情報が不審だと、審査の途中で収入証明書の写しの提出を求めることがあります。

これで、正確な収入情報を知られてしまうのです。

収入証明書とは、会社勤めの人であれば源泉徴収票のことです。

もし源泉徴収票が無い場合、給与明細書や確定申告書など、収入が分かるものを提出します。

さすがに収入証明書で嘘はつけない(罪に問われます)ので、やはり年収で嘘を突き通すことはできないのです。

理由をつけて収入証明の提出を拒否する手もありますが、融資額が大幅に減額される可能性が高いです。詳しくは「アコムに収入証明書の提出をしなかったらどうなるの?」をご覧ください。

悪質なウソだと罪に問われることも?

万が一嘘をついて契約を結べたとしても、バレてしまうと「詐欺罪」として罪に問われる可能性があります。

罪に問われなかったとしても、アコムは利用停止(二度と利用できない)になり、他の消費者金融やクレジットカード会社、銀行からもペナルティを受ける恐れもあります。

嘘をついて借りたとしても、収入に比べて多すぎる返済に苦しむわけです。リターンは少なく、リスクのあまりに大きな嘘をつく意味はありません。

ウソをついた人はすぐ申込をキャンセルしよう

ここまで読んで、ひょっとすると「嘘をついてしまったけれどどうしよう……」と不安に思っている人がいるかもしれません。

そういった人は、一刻も早く申込をキャンセルしてください。

審査が始まっていてもよいので、とにかく結果通知の前にキャンセルすることをおすすめします。

アコムの審査で年収と限度額はどう関係するか

次に、再び審査の話です。審査の通過基準の一つとして年収の数値が活用されているのは確実ですが、それだけではありません。

年収は、借りられる限度額にも影響しています。総量規制の関係もあって、年収の3分の1までにとどめる必要があるためです。

最大限度額を借りられる人はほとんどいない?

アコムでは、限度額の上限が800万円と説明しています。

しかし、800万円も借りられる人はほとんどいません。

そもそも、年率3.0~18.0%の金利で800万円も借りてしまうと、利息だけで支払いがとんでもないことになりますが……

総量規制から考えると、800万円借りるためには年収2400万円必要です。そんな人はアコムからお金を借りることはしませんよね。

ほとんどの人は、100万円以上借りることすら稀だと考えてください。

年収の3分の1以上は絶対に無理

どうにかして年収の3分の1以上借りることはできないか考える人もいるかもしれませんが、アコムでは絶対に無理です。

貸金業法がある以上、アコムもリスクを冒して貸し付けるメリットは全くないからです。

ちなみに、銀行のカードローンは総量規制の対象外でした(銀行は貸金業者ではなく、貸金業法の規制の対象外)。

今でも法的には対象外なのですが、2016年に日本弁護士連合会が「銀行等による過剰貸付の防止を求める意見書」を提出したのをきっかけとして、2017年から銀行の審査体制の強化を眼目とした自主規制がはじまったとされています。

ともあれ、アコムでは年収の3分の1以上借りることは難しいですし、昨今の情勢を見ていると銀行でも難しくなっていくでしょう。

増額したいならアコムから信頼を得ること

実際の限度額は、年収の3分の1からだいぶ低い水準に設定されている人が多いと思います。利用を続けるうちに、限度額を上げる「増額」の申請をすることは可能です。

増額は、自分で申し込むこともできますし、アコムから打診の連絡が来ることもあります。増額したければ、年収を上げたりアコムで真面目に返済を続けたりして、自分の「信用」を積み重ねることが重要です。

参考:3分の1以上借り入れしているなら借換え専用ローン

万が一年収の3分の1以上の借り入れをしている場合は、アコムの「借換え専用ローン」を利用することで返済額を圧縮できる可能性があります。

総量規制が定められたのは2010年。

それ以前に借り入れを利用していた人の中には、総量規制の水準を超えている人も少なくありません。

複数のカードローンから借り入れをしていると、利息が膨らんで返済日が月に何度もあるなど、通常の社会生活を送ることすら困難になります。

借換え専用ローンの金利は、実質年率7.7%~18.0%です。金利が低くなる可能性はあまり高くありませんが、それでも借金を一本化できるのは大きなメリットです。

アコム利用者の年収ってどれくらい?

最後に、アコムの利用者の年収と限度額の傾向を見てみましょう。アコムではホームページに「データブック」を掲載していて、利用者に関する詳しいデータを公表しています。

「データブック」をチェック!

データブックは、ホームページに記載されています。四半期ごとのデータがありますが、とりあえず直近のものだけでもチェックしましょう。

利用者の大半は○○万円以下

データブックによると、新規利用者の9割は年収500万円以下で、4分の1は年収200万円以下です。

「顧客年収別件数構成比」で、アコム利用者の年収が分かります。

2017年第一四半期(6月)段階では、新規利用者の24.2%が年収200万円以下で、66.2%が200万円超500万円以下のランクとなっています。1000万円超の人は、わずか0.6%しかいません。

カードローンを利用する人の年収が高くないというのは何となく分かりますが、実際のデータからもその感覚が裏付けられています。

年収別の借り入れ平均額は○○万円

新規利用者の借り入れ平均額は14万7000円。

ただ、年収200万円以下の人の借り入れ平均額は11万9000円で700万円超~1000万円以下だと22万円、1000万円超だと31万2000円と差がついています。

年収が審査に影響しているというのは、このデータからも推測できるわけです。年収200万円程度では、10万円借りるのがやっとだと考えた方がよいでしょう。

初回利用者だと、年収がどれだけ多くても50万円以上借りられることはほぼありえない、というのも覚えておいてください。

アコムの年収と審査・限度額の関係まとめ

年収は、アコムの申込と審査に影響してきます。

年収ゼロだと申し込むことすらできませんし、年収が低いと審査に落ちる、あるいは限度額を極端に低くされる可能性が高いです。

嘘の年収を記入しても、個人信用情報のチェックや収入証明書の提出によってバレてしまいます。バレると、アコムの利用停止、その他金融機関審査への影響、最悪の場合は罪に問われるリスクもあります。

年収がアコムの利用に大きく影響するのは確かなので、申し込むときには希望借入額をなるべく低くした方が審査に通過しやすいでしょう。