アコムの審査は固定電話が無くても大丈夫でした!

サイトマップ

アコムの審査は固定電話が無くても大丈夫でした!

勤務先情報・個人情報全てがアコムの審査対象なので、電話番号についても審査に影響します。固定電話を持っているということは、

  • 所在地が正確である
  • 支払い能力を持っている

との証明になるので、社会的にもローンの審査上も有利になると考えられます。

ただし、あくまで総合的に判断されるので、固定電話がないからといって直ちに審査落ちになることはありません。また、「固定電話がない」といっても様々なケースが考えられますので、状況別に解説していきたいと思います。

固定電話がない場所 自宅
勤務先
働き方 会社員として働いている
個人事業主として働いている
【目 次】
  1. 自宅に固定電話がなくても問題ない
  2. 個人事業主で固定電話がない人も大丈夫
  3. 勤務先に固定電話がない場合は厳しい
  4. 勤務先に固定電話がなくても審査に通る方法
  5. ビジネスサポートローンなら年収の1/3を超えて借りられる

自宅に固定電話がなくても問題ない

金融機関によっては固定電話が無いと申し込みできない場合もあります。その点、アコムは固定電話がなくても問題なく申し込み可能です。

アコムの審査では、申し込み本人の属性(年収・職業・勤務先・住所・家族構成など)をスコアリングして点数化します。スコアリングの中では固定電話についても対象となっています。

固定電話があった方が多少有利だとは思いますが、無いからと言って気にすることはありません。今の時代、携帯電話しか持たない人も多いですし、それで審査に通過した人を私は何人も見てきました。

アコムなら固定電話なしでも申し込み可能

アコムの詳細はコチラ >>

個人事業主で固定電話がない人も大丈夫

自営業やフリーランスで固定電話を持っていない人も、アコムに申し込むことができます。

固定電話うんぬんよりも、事業の収益が安定しているかどうかの方が重要です。

事業の安定性を判断するために、以下のような情報を求められますので、すぐ見せられるように準備しておきましょう。

  • 確定申告書
  • ホームページや名刺
  • 取引先の情報(請求書など)

審査通過のコツについては「個人事業主がカードローン審査に通過するポイント」で詳しく解説しています。

ダントツの審査通過率

アコムの詳細はコチラ >>

勤務先に固定電話がない場合は厳しい

アコムの審査では、必ず勤務先への在籍確認が行われます。しかし、勤務先に固定電話がない場合、電話での在籍確認が困難となります。

固定電話の番号が勤務先所在地と紐付くのに対し、携帯電話ではそのようなことがない(偽ることができてしまう)からです。

勤務先に固定電話がない場合、まずは審査担当者に理由を説明してください。審査の状況次第では、

  • 金額を下げての融資
  • 電話以外での在籍確認

を認めてもらえる可能性があります。

アコムなら固定電話なしで申し込み可能

自宅の固定電話に話を戻しましょう。アコムでは、申し込み時に自宅の固定電話と携帯電話の番号を記入しますが、両方記入する必要はなく、どちらか一方の電話番号があれば申し込み可能となっています。

もちろん、審査の面では固定電話・携帯電話の両方を記入する方が有利にはなります。

しかし、審査は申し込み者の固定電話にこだわるわけでは無く、その他の勤務先や年収、また信用情報機関の情報などで行われるため、携帯電話だけでも審査に通る可能性は高いのです。

アコムでは、申し込みに対して固定電話が無いことについて、それほど心配する必要はないでしょう。

ダントツの審査通過率

アコムの詳細はコチラ >>

勤務先に固定電話がなくても審査に通る方法

勤務先に固定電話がない場合、電話での在籍確認が困難だとお伝えしました。

在籍確認がとれない限りお金を借りることは難しいのですが、電話以外の方法(書類の提出)で在籍確認を済ませられる可能性があります。

  • 社会保険証
  • 給与明細
  • 社員証

を提出することで、勤務先会社への在籍を認めてもらう方法です。ただし、在籍確認以外の審査状況が良好であることが前提となります。

詳しくは「アコムの在籍確認を電話なしで済ませる方法」をご覧ください。

アコムなら固定電話なしでも申し込み可能

アコムの詳細はコチラ >>

ビジネスサポートローンなら年収の1/3を超えて借りられる

自営業や個人事業主の場合は一般的に、大手消費者金融や銀行などの金融機関にカードローンなどを申し込みしても、固定電話が無い場合には審査に通ることができませんが、アコムは違います。

アコムであれば、自営業でも固定電話なしで申し込みが可能です。もちろん、収入が安定しているといった証明などが必要になりますが、このような証明がしっかりとできることで、審査に通る可能性もあるのです。

また、アコムでは法人化されていない自営業者や個人事業主向けの「ビジネスサポートカードローン」も取り扱っています。自営業の場合に必要となる証明書類は次のようになっています。

  • 本人確認書類:運転免許証、健康保険証、パスポートなど
  • 収入証明書類:最新の確定申告書B(第一表)の写し(収受日付印が押印されたもの)
    ※さらに、アコムから提出書類の指定がある場合もあります。

このように、アコムは自営業者や個人事業主も借入が可能となっていますので、特におすすめです。

個人事業主でも即日利用OK!

アコムの詳細はコチラ >>