アコムの審査手順をわかりやすく解説!あなたに1番合う方法教えます

サイトマップ
カードローン110番 > アコム審査落ちに共通する6つの特徴と審査に通りやすい条件や内容を徹底検証 > アコムの審査手順をわかりやすく解説!あなたに1番合う方法教えます

アコムの審査手順をわかりやすく解説!あなたに1番合う方法教えます

初めてアコムでキャッシングを利用する人にとって、どんな申し込み方法があるのか、また審査はどのように行われるのかなど、気になることもたくさんあるのではないでしょうか?

できれば自分に合った方法で、利用したいですよね。 そんな方に、今回はアコムの申し込みから審査などの手順をわかりやすく解説していきます。

【目 次】
  1. アコム自動契約機で申込んだ場合の審査手順
  2. アコムをインターネットで申込んだ場合の審査手順
  3. アコムの審査結果までに時間がかかる場合
  4. 要注意!アコムACマスターカードの審査手順について

アコム審査の流れ

アコムの申し込みからキャッシングができるようになるまでの流れは、おおよそ次のようになります。

① 申し込み方法を選んで申し込み手続きをする
② アコムに必要書類(本人確認書類)を提出する
③ 申し込み内容をもとにして審査が行われる
④ 審査の結果を確認して契約手続きをする
⑤ キャッシングの利用 審査は最短で30分となっています。

審査の結果連絡を受けた後は、契約手続きを行い、手続きが完了するとすぐにキャッシングが利用できるようになります。

申し込み手続きに必要な情報は?

申し込みの時には、さまざまな情報を申告する必要があります。申し込みの時に時間がかからないよう事前に確認しておきましょう。

  • 氏名、生年月日、家族状況
  • 住居の状況(郵便番号と住所、持ち家なのか賃貸なのか、入居年月、家賃・住宅ローンの有無)
  • 電話番号(携帯や自宅)、メールアドレス
  • 勤務先情報(勤務先名、住所、電話番号、社員数、事業内容)
  • 勤務状況(入社日、勤務形態、収入形態、給料日、年収など)
  • 健康保険証の種類(国保、社保、共済など)
  • 他社での借入状況(借入件数、借入総額)
  • 利用希望額

どの情報も正確かつ正直に申告しなければなりません。記入ミスや入力ミスなどによって審査に時間がかかってしまう場合もありますので気を付けましょう。

また、他社での借入状況については、クレジットカードのショッピング枠・銀行カードローン・住宅ローン・自動車ローンなどは含みません。ただし、クレジットカードのキャッシング枠については含まれます。

最短30分!圧倒的な審査スピード

アコムの詳細はコチラ >>

自分に合った審査方法を選んで申し込む

アコムの申し込み方法は5つあります。

  • アコムの店頭窓口
  • 無人契約機(むじんくん)
  • 電話
  • インターネット
  • 郵送

では、自分の希望に合った審査方法の選び方をみていきましょう。

即日借りたいなら

即日借りたいという場合には、アコム店頭窓口での申し込み、もしくは店舗に設置してある無人契約機(むじんくん)で申し込みから審査、契約手続きを行うと良いでしょう。

完了後、すぐにカードが受け取れます。 しかし、時間をもっと短縮したいのであれば、先にネットで申し込み手続きをしておくことがオススメです。

ネットで申し込みから審査まで受けておけば、店頭窓口やむじんくんで、契約の手続きとカードの受け取りをスムーズに行えますし、時間をかなり短縮することができます。

店頭には行くのは難しいけど即日借りたいなら

店頭に行くのが難しい、でも即日借り入れをしたいという時には、ネット申し込みから振込キャッシングを選ぶのがオススメです。

振込キャッシングでは、ネット上で書類の提出・審査・契約まで行うことで、即日振込での借り入れをすることが可能になります。

ただし、振込キャッシングを希望する場合には、書類の提出までを14時までに終わらせる必要がありますので、ネット申し込みはできるだけ午前中に行うようにしましょう。

店頭に行くのを避けたいなら

カードの発行はしてほしいけど、店頭に行くのを避けたいということであれば、やはりネットからの申し込みがオススメです。

アコムではネット上ですべて完了します。カードの発行については、後日郵送で送られてくることになりますが、早めにカードを受け取りたいのであれば、無人契約機のむじんくんでカード発行のみをすることもできます。

もちろんカードがなくても振込キャッシングを利用することで借り入れが可能です。

必要書類の準備がまだなら

アコムでは、本人確認書類として免許証もしくは健康保険証かパスポートなどが必要です。

また、アコムで50万円以上の借り入れをする場合や他社を含めて100万円以上の借り入れとなる場合には、収入証明書の提出が必要となります。これは総量規制により定められています。

<収入証明書として利用できるもの>

  • 源泉徴収票
  • 1か月分の給与明細書(地方税額が記載されているもの)
  • 地方税の税額決定通知書
  • 課税証明書または所得証明書

手元に源泉徴収票や給与明細書などがない場合には、市区町村役場で課税証明書や所得証明書を交付してもらう必要があります。 もし、書類がまだ準備できていない場合は、先に電話もしくはネットで申し込みしてから、必要書類の準備を行い、その足で店頭窓口やむじんくんへ向かうことで、時間の節約になりますね。

アコムなら即日融資可能 !

アコムの詳細はコチラ >>

アコム審査のやり方と内容の解説

アコムでの審査については、申し込み時に申告した内容をもとに、年収や他社の借入状況などを中心として審査が行われます。

もちろん信用情報の確認や会社へ電話をする在籍確認も行われます。そして審査によって利用限度額が決定されます。

審査は最短30分となっていますが、混雑している時や何か問題がある場合には、さらに時間がかかる場合もあります。 では、申し込み方法の違いによる審査の方法を解説していきましょう。

審査を店舗窓口で行う場合

店舗窓口での申し込みは、担当者と相談をしながら手続きなどを行えますので、初めてで何もわからないという方には安心な方法です。

審査についても、その場で行われますし、回答もその場で確認ができます。審査完了後は、その場でカードを受け取ることも可能です。

審査に不安があるといった場合には、相談ができる店舗窓口での手続きはオススメです。

審査を無人契約機で行う場合

無人契約機での申し込みでは、人と顔を合わせる必要がないのですが、手続きで困った時にはオペレーターがすぐに対応してくれますので、誰とも会いたくないけど手続きに不安があるといった場合には、無人契約機での手続きはオススメです。

審査についても、その場で行われますし、回答も無人契約機で確認をすることができます。また、カードもその場で受取が可能です。

しかし、誰もいないとはいえ、無人契約機のブース内で審査にかかる時間を待つ必要がありますので、待ち時間はちょっと辛いかもしれませんね。

審査をネットで行う場合

申し込みから審査をネットで行う場合には、入力した申し込みの内容をもとにして審査が行われます。審査結果は電話もしくはメールで連絡が入ります。

その後、契約の手続きなどをネット上で行う流れとなります。

審査をネットで行うメリットは、やはり審査の待ち時間など無駄な時間が発生しないということでしょう。時間を有効に使いたいということであれば、ネットで審査を行うのがオススメです。

審査を電話で行う場合

電話での申し込みをする場合には、オペレーターの質問に答えながら申し込み内容を申告していきます。電話のメリットは、わからないことをオペレーターに確認をしながら手続きができることでしょう。

申し込みが終わると電話をいったん切り、審査が行われます。そして審査の結果は電話で連絡が入ります。

その後、契約の手続きなどが電話で行わることになります。 電話の場合、審査に必要な書類などはFAXを利用して提出を行いますので、自宅にFAXがない場合には、コンビニなどに出向く必要があり、少々不便かもしれませんね。

審査を郵送で行う場合

郵送で申し込みをして審査を行う場合には、まず電話で申し込みに必要な書類の送付依頼をする必要があります。

その後、申込書に記入をして、必要書類と共にアコムへ返送します。 アコムに書類が届くと、ようやく審査が始まります。

審査結果は電話で連絡が入り、その場で契約手続きに入ります。契約書類とカードは、後日郵送で届くことになります。

郵送での手続きでは、とにかく時間がかかりますので、急いでいないのであれば問題がありませんが、急ぎの融資を希望するのであれば、他の方法を選択するのが良いでしょう。

アコム自動契約機で申込んだ場合の審査手順

アコムの自動契約機「むじんくん」は土日祝日も営業していて、早朝から夜遅くまで利用可能ですので、週末や平日の夕方に急にお金が必要になったときにも安心です。

当日の営業時間内にカード受け取りができれば即日借り入れをすることができます。

自動契約機で申し込むメリット・デメリットは下記のとおりです。

メリット デメリット
土日祝日含めて8時~22時まで利用できる
・備え付けの電話でオペレーターと相談しながら手続きできる
・自動契約機まで出向くため手間と時間がかかる
・審査中は自動契約機の中で待機しなければいけない

アコムの自動契約機は「むじんくん」と「三菱東京UFJ銀行内カードローンコーナー」の2種類あります。

どちらも申込受付時間は8時~22時となります。むじんくんは基本的に年中無休です。年末年始は営業時間短縮がありますので利用する際は、必ず営業時間を確認してください。

自動契約機の検索方法

アコム公式サイトの「店舗・ATM検索」の画面より、住所・駅名・地図・キーワード・路線図等で検索して、最寄りのむじんくん又は三菱東京UFJ銀行内カードローンコーナーを探すことができます。

またむじんくんや三菱東京UFJ銀行内カードローンコーナーどちらかの指定をしたり、営業時間、駐車場の有無など細かい条件指定もできます。

自動契約機について

アコムの自動契約機は完全に独立した個室内にあります。扉はすりガラスになっているので、外からは中に誰が入っているのかわからないようになっています。

中に入ると、自動で鍵がかかりますので、手続き中に誰かが中に入ってくるということはありません。

自動契約機の審査申込み手順

① アコムの自動契約機に行く
② タッチパネルで必要な操作を行い申込書を記入して提出
③ 本人確認書類の提出
④ 備え付けの電話で簡単な聞き取り調査
⑤ タッチパネルで必要事項を入力
⑥ 審査が行われる
⑦ 審査結果の通知
⑧ 契約内容を確認、署名
⑨ カード発行

① アコムの自動契約機に行く

自動契約機へ来店する際は必ず必要書類を持参してください。基本的には本人確認書類(運転免許証、住民基本台帳カード、保険証+現住所が確認できる書類のいずれか)だけでOKです。

アコムで50万円以上の借り入れを希望する場合は収入証明書も必要です。

② タッチパネルで必要な操作を行い申込書を記入して提出

自動契約機に入ると、自動音声で手続きの説明がされます。その後、モニターの案内に従い手続きを進めていきます。

タッチパネルで本人確認書類の種類を選択⇒生年月日の入力⇒申し込み書に記入して提出⇒タッチパネルで携帯電話番号を入力

申し込み書はモニター下部にある機械にセットすれば読み込んでくれます。

③ 本人確認書類の提出

持参した本人確認書類を申し込み書提出時と同様に機械にセットします。

④ 備え付けの電話で簡単な聞き取り調査

書類の提出が完了すると、備え付けの電話でオペレーターと話をします。

電話で聞かれることは、「勤務先について」「資金の使いみち」「希望限度額」などです。

聞き取り調査が終わると、本人確認書類の写真との照合が行われますので、帽子やマスクを着用している場合は外して、モニター正面を見るようにしてください。

⑤ タッチパネルで必要事項を入力

タッチパネルで必要事項を入力します。

入力項目は次のとおりです。

  • 居住年数
  • 家賃
  • 他社借入金額
  • 勤務先の種類
  • 職種
  • 入社年月
  • 雇用形態
  • 月収(税込)
  • 年収(税込)
  • 給料日
  • 希望連絡先

他社借入金額は貸金業者(消費者金融、クレジットカード会社)からの借り入れが含まれます。銀行カードローンや住宅ローン、クレジットカードのショッピング枠は含まれません。

⑥ 審査が行われる

アコム内で審査が行われますので、結果が出るまでその場で待機します。この段階で勤務先へ在籍確認の電話も行います。

当然ながら申込者本人は自動契約機にいるため電話応対できませんが、特に問題ありません。

⑦ 審査結果の通知

審査が完了すると、備え付けの電話で審査結果が伝えられます。審査時間は早ければ㉚分程度、長い場合は1時間近くかかります。

⑧ 契約内容を確認、署名

審査通過後は、タッチパネルで手続きを行います。カード暗証番号の設定⇒郵送物の送付の有無⇒申込内容確認⇒ATM手数料の確認

手続きが完了すると自動契約機から契約書がでてきますので、必要事項を記入し提出すれば手続完了です。

⑨ カード発行

手続き完了後、アコムカードが発行されます。

自動契約機にはアコムATMが併設されていますので、そのまま借り入れを行うことも出来ます。ちなみに自動契約機では借入はできません。

アコムATMは原則24時間いつでも利用でき、手数料無料です。

アコムの自動契約機で審査にかかる時間は?

自動契約機で申込んだ場合、審査は最短30分で完了します。

ただし、あくまでも手続きが何の問題もなくスムーズに進んだ場合であり、実際はそれよりも時間がかかることのほうが多いです。中には審査結果が出るだけで1時間以上かかったという人もいらっしゃいます。

審査結果が出るまでは自動契約機内で待機していなければいけませんので、待ち時間が長いとなかなか辛いものがありますね。

即日融資するには何時までに申込めばいいの?

アコムで即日融資するためには、自動契約機の営業時間内にカード発行まで完了させる必要があります。

手続きは早くても1時間はかかりますので、どんなに遅くても営業終了1時間前には申し込みを済ませておかなければいけません。

ただし、申込する時間が遅い場合、勤務先への在籍確認ができない恐れがあります。その場合は、あらかじめアコムに書類で在籍確認を了承してもらっていることが条件となります。

自動契約機の手続きの時間を短縮するなら

自動契約機での手続きを短縮したいのであれば、あらかじめインターネットか電話で申し込みを済ませておくのが良いでしょう。

また急いでいる場合は、申込時にオペレーターに「急いでいる」ことを伝えるのも一つの手です。

土日にアコム自動契約機を利用する場合の注意点

土日祝日に自動契約機で申込する場合の注意点は次の3つです。

時間に余裕を持って手続きする

土日祝日は自動契約機を利用する方が多いです。自動契約機は1台につき1人しか利用できませんので、先に誰かが利用している場合は完了するまで待つか、他の自動契約機まで移動しなければいけません。

その為、時間ギリギリの来店では間に合わない可能性が高いですので、時間に余裕を持って来店して手続きするようにしましょう。

在籍確認を書類でできないか相談しておく

土日祝日は休業としている会社だと電話で在籍確認することが困難です。あらかじめアコムに電話で相談して書類で在籍確認できないか了承を得るようにしましょう。

あらかじめインターネットで申し込みを済ませておく

土日祝日に自動契約機を利用することがわかっているのであれば、あらかじめインターネットで申し込みを済ませておくと良いでしょう。

そうすれば、自動契約機での手続きは必要最低限だけとなりスムーズにキャッシングできます

アコムをインターネットで申込んだ場合の審査手順

アコムのインターネット申し込みは24時間365日いつでも可能です。電話や来店しないで契約することもできるので、プライバシーの面でも安心です。

振込キャッシングを利用すれば、一切来店せずにお金を借りることもできます。インターネット申込みのメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット デメリット
・パソコン、スマホで家や職場から申し込みができる
・24時間365日いつでも申し込める
・申し込み~借入まで来店不要でできる
・不明点や不安な点がある場合は、電話で確認しなければいけない
・即日融資のタイムリミットが早い

インターネット申込みの受付時間と審査可能時間

インターネットからの申し込みは24時間受け付けていますので、いつでも申込みが可能です。自分の都合に合わせて申し込めるのはインターネット申込みの大きなメリットと言えます。

ただし、審査も24時間行っているわけではないので注意してください。アコムが審査を行っている時間は9時~21時となります。

この時間内に申込しないと当日中に審査結果は出ません。また時間ギリギリの申込みだと翌営業日に審査結果が出る可能性が高いです。

当日中に審査結果を知りたい場合は、遅くても20時までに申し込むと良いでしょう。

必要書類の提出が簡単

インターネットで申込んだ場合、必要書類の提出は下記の方法で行います。

  • パソコンから画像をアップロード
  • スマホアプリでデータ送信

スマホや携帯電話のカメラで書類を撮影して画像データを送信するだけです。わざわざコピーを用意する必要はありません。もし、上記どちらの方法も難しいという場合はFAXで送信することも可能です。

インターネットの審査申込み手順

① アコム公式サイトの「今すぐお申込み」より必要事項を入力して申込み
② アコムから本人確認の電話がかかってくる
③ 本人確認書類の提出
④ 審査
⑤ 審査結果の通知
⑥ 契約内容の確認、同意
⑦ 振込依頼
⑧ アコムカードの郵送

アコムに申込み完了すると、30分~1時間後ぐらいに電話がかかってきて本人確認と申込内容の確認が行われます。

この電話にでないと審査を進めることができませんので、申し込み後はいつでも電話にでられる状態で待機していましょう。

無事に審査通過すると、アコム公式サイト上で「金利」「利用限度額」「返済方法」「利用に関する注意点」などを確認します。

問題なければ契約内容に同意して「契約する」をクリックすれば契約は完了です。

アコムカードは後日郵送で送られてきますが、カード到着前でも振込依頼することで借入は可能です。会員ページまたは電話で振込依頼をしてください。

即日借入は銀行の営業時間内に振込依頼すること

アコムは振込依頼したその日に銀行口座に希望額を振り込んでもらうことができます。

ただし、24時間いつでも即時で口座に入金されるわけではありませんので注意してください。当日中に振り込んでもらうには「振込可能時間内」に振込依頼を完了させなければいけません。

銀行口座 振込依頼時間 入金時間
楽天銀行 0時10分~23時50分 即時
ゆうちょ銀行 平日0時10分~9時 当日12時頃
平日9時~14時 当日17時まで
その他の銀行・信金 平日0時10分~9時 当日9時30分頃
平日9時~14時30分 即時

土日祝日でも即時で入金可能なのは楽天銀行のみです。それ以外の銀行では休み明けに入金となりますので注意してください。

電話での振込依頼は時間が短い

アコムの振込キャッシングは電話で依頼することもできますが、依頼できる時間帯がインターネットよりも短くなっています。

電話番号 振込依頼時間 入金時間
自動音声
0120-134-567
平日0時10分~9時 当日9時30分頃
平日9時~14時 当日15時まで
担当者受付
0120-07-1000
平日9時~14時 当日15時まで

電話で振込依頼する場合は14時までに手続き完了しないと当日中に入金されませんので注意してください。

ローンカードは郵送される!家族ばれしないように

アコムはインターネットで申込み~借入まで完了させることができますので、時間がない方や近くに店舗や自動契約機がないという方でも簡単に借り入れができて便利です。

ただし、すべての手続をインターネットで済ませる場合は、アコムからの郵送物に注意してください。後日、ローンカードと契約書類が郵送で送られてきます。

アコムはカードレスには対応していませんので、必ずこれらの書類等が届きます。

差出人名は「ACサービスセンター」としていますので、それだけでは家族にはバレませんが、中身を見られてしまえば当然バレてしまいます。

インターネットで契約する際は、郵送物が必ず届くということを理解したうえで申し込むようにしてください。

アコムを電話で申込んだ場合の審査手順

店舗や無人契約機が近くにない、来店する時間が取れないけど担当者と相談しながら申し込み手続きを進めたいという人にオススメなのが電話申し込みです。

24時間いつでも申し込みを受け付けていますので、自分の都合の良いときに申込めます。

電話申し込みの場合、契約方法は来店・郵送・FAXの3つから選ぶことができます。インターネットで契約することはできません。

電話申し込みのメリット・デメリットは下記のとおりです。

メリット デメリット
・担当者に相談しながら手続きできる
・24時間365日申し込みできる
18時以降の申込みは審査結果が出るのが翌日以降になる

電話申し込みの審査手順

① アコムコールセンター(0120-07-1000)電話する
② 必要な情報をオペレーターに伝える
③ 仮審査
④ 電話で仮審査の結果を通知される
⑤ 自動契約機へ出向く
⑥ タッチパネルで必要な情報を入力する
⑦ 本人確認書類を提出する
⑧ 審査
⑨ 本審査の結果通知
⑩ 契約書の内容確認、署名、提出
⑪ カード発行

アコムの電話申し込みは24時間受け付けていますが、18時以降に申込した場合、審査結果の連絡は翌営業日になりますので注意してください。

仮審査の通知は電話でされます。審査に通過したら、来店で契約する旨を伝えてください。

最寄りのアコム自動契約機へ必要書類を持って来店します。タッチパネルを操作して必要な情報を入力し、本人確認書類を備え付けの機械でスキャンします。

その後、本審査が実施されます。本審査の結果は備え付けの電話にて行われます。無事に審査通過すると、契約書が発行されますので内容を確認して署名し提出すれば契約完了です。

カードが発行されますので、受取すればすべての手続は完了となります。

FAXで契約する場合

FAXで契約する場合は、仮審査通過後にアコム公式サイトより「FAX契約専用書類一式」をダウンロードして印刷し、必要書類に記入を行います。その後、「FAX契約書類一式」と「本人確認書類のコピー」をFAXで送付します。

書類送付後、本審査が行われ電話にて審査結果の通知がされます。

平日14時までに書類の送付ができればその日のうちに、指定口座にお金を振り込んでもらうこともできます。

アコムカードは1週間前後で郵送されてきます。

アコムを店舗で申込んだ場合の審査手順

ネット申し込みが苦手な方や相談しながら手続きを進めたい方におすすめなのが店舗での申込みです。

メリット デメリット
・不明点、不安な点をその場で相談できる
・インターネットでの手続きが苦手な方でも申し込める
・店舗数が少ない
・営業時間が18時までと短く、土日祝日は利用できない

注意点は、店舗数が少ないこと(全国で22店舗)、営業時間は平日9時30分~18時と短いことです。来店すること自体が難しいうえに土日祝日は利用できないというデメリットがあります。

店舗での審査申し込みの手順

① アコム店舗に来店
② 申し込み書に記入
③ 本人確認書類を提出
④ 審査
⑤ アコムスタッフから審査結果の通知、金利・利用限度額・返済方法などの説明
⑥ 契約書に署名
⑦ カード発行

アコムの店舗に来店する際は必要書類を持っていくのを忘れないように注意してください。不安な場合は収入証明書も持っていくのが良いでしょう。

アコムカードは当日中に発行可能ですので、即日借り入れも可能です。

アコム郵送で申込んだ場合の審査手順

カードローンを利用するかじっくり検討したい方、ネットでの手続きが苦手な方、時間が取れない方におすすめなのが郵送での申込です。

メリット デメリット
・来店しなくていい
・パソコンやスマホ操作が苦手な方でも申し込める
・時間がかかる

郵送の審査手順

① アコムコールセンターに電話し、申し込み書を取り寄せる
② 申し込み書に記入し、必要書類の写しを同封し返送する
③ 審査結果の連絡
④ 契約書類とカードが郵送される
⑤ 会員ログインまたはアコムに電話連絡する
⑥ 契約完了

郵送で申込むには、アコムコールセンターに電話して申し込み書を郵送してもらう必要があります。

もしくはセブンイレブンのマルチコピー機からネットプリントで「FAX契約専用一式」を出力することもできます。プリント代は180円かかります。

申し込み書に必要事項を記入してアコムへ返送します。この際、本人確認書類等を同封するのを忘れないように注意してください。

また送付するのは原本ではなく写しです。提出した書類は返ってきませんので、くれぐれも原本を送らないようにしてください。

審査結果の通知は電話連絡となります。その後、契約書類とカードが送られてきますが、会員メニューにログインするか電話連絡するまでは利用できませんので注意してください。

アコムの審査結果までに時間がかかる場合

アコムの審査は最短30分で完了しますが、場合に寄ってはそれ以上時間がかかってしまうこともあります。

具体的にどのような場合に時間がかかってしまうのか、その原因について見ていきましょう。

申込内容に誤り・虚偽があった

特に急いでいる場合は焦って入力してしまいミスしがちです。事実確認のために審査時間が延びてしまう可能性がありますので、急いでいても入力は慎重かつ丁寧に行ってください。

また、申込内容に虚偽があることは発覚すると審査落ちの原因になります。故意にやるのはもちろんですが、記入ミスでも虚偽扱いになってしまうこともあるのですべての項目の記入が完了しても必ず一度確認してから提出するようにしてください。

属性・信用情報に問題があった

最短30分で審査が完了するのは、属性や信用情報に問題がない場合です。

もしこれらの情報に問題があったり不安視されると、担当者は「貸し付けても問題ないか」を判断するために慎重に審査しますので審査時間が延びてしまいます。

たとえば、勤続年数が半年未満と短い、自営業や個人事業主である、他社借入が多い、過去に金融事故を起こしているなど、返済能力と信用力に問題があると審査に時間がかかる傾向にあります。

もっとも、他社借入が多い場合や金融事故がある場合はアコムの審査に通過すること自体が困難ですので、このような場合は申し込みを考え直したほうがいいかもしれません。

審査回答可能時間外に申し込んだ

アコムは24時間申込みが可能です。好きなときにいつでも申し込めます。

しかし、審査は24時間行っていません。ネット申込みの場合は9時~21時、電話申し込みは18時までに申し込まないと、当日中に審査結果は出ません。

当日中に審査結果を知りたいという場合は、審査可能時間内に申込してください。

要注意!アコムACマスターカードの審査手順について

アコムはショッピング機能が備わった「アコムACマスターカード」の発行も行っています。即日発行に対応したクレジットカードですので、急な海外出張時や旅行時にも対応できる便利なカードです。

申込みはカードローンと同様の方法となりますが、クレジットカード専用の申込ページがありませんので、申込の仕方が分からないと戸惑ってしまう方も少なくないです。

アコムACマスターカードの入会を希望する場合は下記の流れで手続きを進めてください。

① アコム公式サイトよりも申込み
② 本人確認の電話で、ACマスターカードに入会したい旨を伝える
③ 審査通過後、必要書類を持って自動契約機へ来店する
④ 書類提出してカードを受け取る

審査申込~カード発行までの手順は通常のカードローンとさほど変わりはないです。

ただし、本人確認の電話がかかってきた際に、必ずACマスターカード発行を希望していることを伝えるようにしてください。これを忘れてしまうとキャッシング専用のカードが発行されてしまいます。

審査通過率で選ぶならアコム!

アコムの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>