アコムのキャッシングを最小返済額で返済をするメリットとデメリットは?

サイトマップ
カードローン110番 > アコムの申し込み前に必見!契約手続き前に理解しないとやばいですよ > アコムのキャッシングを最小返済額で返済をするメリットとデメリットは?

アコムのキャッシングを最小返済額で返済をするメリットとデメリットは?

アコムで借入をすれば、必ず返済をしなければいけませんね。

しかし、返済の負担があまり大きいのも困るということもあるのではないでしょうか。

アコムでは、最低でもこれだけは返済しなければならないという金額が設定されます。これを最小返済額と言います。

しかし最小返済額での返済には、メリットもデメリットもあります。そこで今回は、最小返済額について解説していきます。

アコムの詳細はコチラ >>

アコムの最小返済額はいくらなの?

アコムの最小返済額は、毎月3,000円からとなっています。

もちろん、どこの消費者金融でも同じですが、毎月の返済額は借入金額によって変わります。

そのため、借り入れた金額が多ければ、返済額は多くなりますし、借り入れた金額が少なければ、返済額も少なくなります。

借入残高によって最小返済額は異なる

アコムの最小返済額は、借入残高によって異なります。もう少し詳しくいうと、借入をした時点での残高によって最小返済額が決まるということです。

最小返済額が3,000円というのは、借入した時の残高が10万円以下だった場合の金額となります。

借入残高が10万円だった場合、毎月最低でも3,000円は返済しなければならないということです。

これが、20万円だった場合には、6,000円が最小返済額となります。

借入残高が大きくなればなるほど、最小返済額は増えるということになりますね。

アコムの詳細はコチラ >>

最小返済額で返済するメリットとデメリット

では、最小返済額で返済するメリットとデメリットを確認していきましょう。

毎月の返済負担が少なくて済む

まず、最小返済額で返済するメリットとしては、毎月の返済負担が少なくて済むことでしょう。

負担が少なければ、返済もスムーズに行えますね。

しかし、最小返済額での返済はデメリットも大きくなります。

最小返済額での返済は返済総額が増えてしまう

最小返済額での返済は、返済回数が増えてしまうため、その分利息が増えるということになります。つまり、返済総額は利息が増える分多くなってしまいます。

最小返済額での返済は、利息の割合が多くなってしまい、借入元金はなかなか減っていかないのです。

もちろん、毎月の負担を楽にしたいというという場合には、メリットとなりますが、その分返済総額は大きくなるため、結果的に損をしているということになってしまうのですね。

返済シミュレーションを上手に活用しよう

アコムでは、インターネット上で返済のシミュレーションを簡単に行うことができます。返済シミュレーションでは、借入金額と返済期間を入力することで、返済額を確認することができます。

返済シミュレーションの使い方は「アコムの返済シミュレーション!50万の返済額は月いくら?」で解説しています。

では、実際どれくらい違うのか、表で見てみましょう。

金利18.0%で利用した場合に毎月1回返済を行った場合のシミュレーションです。

借入残高 返済期間 返済回数 毎月の返済額 返済総額
10万円 1年以内 11回 10,000円 109,018円
2年以内 24回 5,000円 119,429円
3年以内 32回 4,000円 125,771円
4年以内 47回 3,000円 138,781円
20万円 1年以内 12回 19,000円 219,040円
2年以内 24回 10,000円 238,870円
3年以内 32回 8,000円 251,562円
4年以内 47回 6,000円 277,598円
30万円 1年以内 12回 28,000円 329,074円
2年以内 24回 15,000円 358,314円
3年以内 36回 11,000円 386,965円
4年以内 47回 9,000円 416,416円
40万円 1年以内 12回 37,000円 439,109円
2年以内 24回 20,000円 477,759円
3年以内 32回 15,000円 512,448円
4年以内 47回 12,000円 555,236円
50万円 1年以内 12回 46,000円 549,146円
2年以内 24回 25,000円 597,201円
3年以内 36回 19,000円 638,078円
4年以内 47回 15,000円 694,050円

例えば、10万円の借入残高の場合、最小返済額の3,000円を毎月支払うと、47回払いで返済総額は138,781円です。これに対して、毎月10,000円を支払った場合には、11回払いで返済総額は109,018円です。

この差額は、29,763円にもなります。約3万円も返済総額が増えていますね。借入残高が多いほど、その差額は大きくなります。

このように、最小返済額での返済は、利息の負担が大きくなってしまうということなのです。

アコムの詳細はコチラ >>

アコム返済のポイントを知っておこう!

実際に計算してみると、最小返済額での返済がいかに利息を払っているかわかりましたね。

しかし、毎月の負担を減らしたいという場合には、最小返済額での返済は都合が良いでしょう。

そんな方でも、返済のポイントを知っておけば、返済総額を減らすことは可能です。では、アコムの返済のポイントを確認していきましょう。

指定期日前の返済を積極的に行おう

最小返済額は、あくまでも毎月最低返済をしなければならない金額ですので、いつでも追加で返済をすることは可能です。

例えば、臨時収入が入った時やボーナスなどが入った時などに、追加入金を行えば、その分残高が少なくなりますので利息も減ることになります。

いつでもこうして返済をすることができるので、できるだけ余裕のある時には返済を多めに行うことが、結果的に返済総額を減らすことができるポイントなのです。

インターネット返済なら24時間365日返済できる

返済の方法は色々ありますが、提携ATMなどでの返済だと手数料がかかってしまいますね。

その手数料も考えればもったいないものです。また、1,000円単位でしか返済ができないので、端数の支払いができないですね。

その点、インターネット返済であれば、メンテナンス時間を除いて、ほぼ24時間365日返済ができますし、1,000円未満の端数でもOKです。

なんといっても手数料が無料となっていますので、無駄なお金を使うことがありません。

参考:アコムに無駄な手数料を払うな!1円も損せずに済ませる方法まとめ

また、店頭窓口や自動契約機も手数料は無料ですが、そこへ足を運ばなければなりませんね。そういう面でも、自宅でサクッと返済ができるインターネット返済はオススメです。

どうしてもの時には約定返済額の減額が可能

約定返済額というのは最小返済額のことで、毎月必ず返済をしなければならない金額です。しかし、今月はどうしても返済が難しいということがある可能性もありますね。

そんな時には、今月だけ約定返済額を減額することができます。この場合、アコムのフリーダイヤルへ電話をし、事情を話した上で減額のお願いをしましょう。アコムの連絡先については「アコムの問い合わせ先・電話番号まとめ【要件別一覧】」をご覧ください。

ただし、これはその月だけの減額ですので、翌月からは通常通りの返済額となります。

まとめ

最小返済額は、借入時の残高によって異なります。借入時の残高が多ければ、最小返済額も多くなります。しかし、最小返済額での返済は利息の支払いが多くなり、結果的に返済総額が増えてしまうことになります。

返済のポイントは、追加入金できるときは、返済額を増やして支払いをすることです。追加入金で返済をすれば、その分利息も少なくなりますよ。上手に利用していきましょう。

アコムの詳細はコチラ >>