アコムのお得な返済方法や返済額の節約を徹底解説

あなたはアコムの返済方法について理解できていますか?

実は、はじめに知っておくだけでお得にできることや知らずにいると失敗することがたくさんあります。

この記事ではアコムでお得に返済する方法をはじめ、毎月の返済額や返済日について分かりやすく解説します。

アコムをお得に使いたい人、アコムで失敗したく無い人はぜひご覧ください。

【目 次】
  1. アコムの6つの返済方法とやり方
  2. 一目でわかるアコムの必要返済額と利息計算
  3. アコムのお得な利用・返済方法
  4. アコムの返済日と遅延時の対処法
  5. アコム返済や返済方法にまつわるQ&A

アコムの6つの返済方法とやり方の解説

アコムの返済方法には以下の6つの方法があります。

  1. インターネット
  2. アコム窓口
  3. アコムATM
  4. 提携ATM
  5. 銀行振込
  6. 口座振替

返済可能な時間、返済に必要な手数料、返済できる場所に違いがあり、まとめると以下のようになります。

返済方法 返済できる時間 手数料 返済できる場所
インターネット 24時間 無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
りそな銀行
楽天銀行
などネットバンキング対応口座が必要
アコム窓口 店頭窓口:平日9:30~18:00 無料 アコムの有人店舗
アコムATM 24時間 無料 アコムATM設置店舗
提携ATM 24時間(銀行の場合はATM利用可能時間) 1万円以下:108円
1万円超 :216円
セブンイレブン
ファミリーマート
三菱東京UFJ銀行
イオン銀行など
銀行振込 金融機関による 金融機関による 窓口、ATM、ネットバンキング
口座振替 毎月6日に引き落とし(土日祝・年末年始の場合は翌営業日) 無料  

以下では、返済方法で知っておくべきことや具体的な返済の流れをお伝えしていきます。

手数料無料の返済方法で無駄なコストを削減

アコムの返済には6つの方法がありますが、まずは手数料が無料となる4つ方法の中から自分に合ったものを選択するべきです。

手数料0円の返済方法

  1. インターネット返済
  2. アコム店舗窓口
  3. アコムATM
  4. 口座振替

手数料無料の返済方法の場合、アコムまで出向く必要があったり、口座振替の申請をする必要があったりと多少手間はかかります。

しかし、その手間を惜しむと、長いスパンで考えた時に大きなコストを生むことになります。

1年間で2,592円のムダ金が発生する

例えば、提携ATM(1万円超)を1年間続けた場合どれだけコストに差が生まれるのか計算してみます。

提携ATM手数料:216円×12ヶ月=2,592円

これは10万円を金利18%で52日間借りた金利とほぼ同額です。

返済方法が違うだけなのに、これだけのコストを負担することになるのはもったいないと思いませんか?

特別な理由がない限りはこれら手数料無料の返済方法を選ぶようにしましょう。

一番おすすめは「口座振替」です。店舗に出向く必要がないので時間の節約になりますし、支払い忘れの心配も少ないです。

カードなしでOKな便利な返済方法3つ

「出先で手元にカードがない」「返済日なのにカードが見当たらない」などカード無しで返済したい場合には以下の3つの方法で支払ができます。

  1. インターネット
  2. 銀行振込
  3. 口座振替

先ほどお伝えしたとおり、インターネットと口座振替であれば手数料が無料なのでおすすめです。

ただし、ネットバンキング口座の開設や振替口座の登録といった準備ができていないと利用できないので、急ぎの場合には銀行振込で対応しましょう。

インターネット返済の仕方

「インターネット返済」は、インターネットバンキングを利用してPCやスマホから24時間いつでも可能な返済方法です。

手数料無料で、自宅にいながら時間を気にせず返済できるのが利点です。人目を気にせず返済できるので気が楽です。

インターネット返済の流れ 返済の流れとしては以下のようになります。

  1. アコムのページから会員ログイン
  2. インターネットでの返済を選択
  3. 返済に必要な情報を入力
  4. 金融機関を選択してログイン
  5. 決済口座を指定して支払

注意点は、あらかじめ「ネットバンキング口座」を開設しておく必要があることです。

インターネットバンキング対応銀行

ネットバンキング口座に対応している代表的な銀行は以下の通りです。

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 楽天銀行

上記以外で対応している銀行が知りたい場合にはアコムのホームページで確認ができます。

アコム窓口での返済方法

アコムの店舗窓口で返済することもできます。

店舗に出向く手間はありますが、「ネットはよく分からない」「機械は苦手」「本当に返済できているのか不安」という方が安心して返済できる方法です。

近くにあるアコム窓口の探し方

ご自宅付近のアコム窓口については以下の方法で調べることが可能です。

(引用元:アコム

1.アコムのホームページから「メニューを選択」

(引用元:アコム

2.メニューから「店舗・ATM案内」を選択
3.「店舗・ATM検索」を選択

(引用元:アコム

4.「条件検索」を選択
5.「施設情報」の「店舗窓口で申し込みができる」にチェックを入れる

(引用元:アコム

上記1〜5の設定をした上で、住所等でお住まいのエリアを検索すれば窓口のある店舗が出てきます。

(引用元:アコム

営業時間は平日9時半〜18時で、土日は休業なのでご注意下さい。

アコムATMでの返済方法

アコムの店舗やむじんくんコーナーに設置されているアコムATMでも返済ができます。

ほとんどのATMが24時間稼働していて、手数料も無料です。

ATMの場所や24時間返済できるATMが知りたい場合には、以下の方法で確認ができます。

まず、アコム窓口の検索方法と同様に、アコムのホームページから店舗・ATM検索の画面に移動します。

「ATMで借り入れ・返済ができる」や「ATM24時間」にチェックを入れた上で、ご自宅のエリア周辺で検索を行う。

提携ATM(銀行・コンビニ)での返済方法

アコムのATM以外に、提携しているコンビニや銀行ATMで返済することもできます。 アコム提携ATMの代表例は以下のとおりです。

コンビニ

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • スリーエフ
  • ポプラ
  • デイリーヤマザキ
  • ニューデイズ

参考:アコムが借入返済可能なコンビニ一覧|利用時間と手数料に注意!

銀行

  • 三菱東京UFJ銀行
  • イオン銀行
  • 東京スター銀行

注意点としては、ATM手数料がかかるということです。 手数料は以下のとおりで返済金額によって違いがあります。

  • 1万円以下:108円
  • 1万円超 :216円

特にコンビニはどこにでもあり、多くが24時間営業なので、いざという時に便利な返済方法です。

銀行振込での返済方法

金融機関の窓口やATMから振込によって返済することもできます。

注意点として振込手数料がかかります。

返済用の振込先口座番号については、アコムの会員ページから確認することができます。

振込先の金融機関としては三菱東京UFJ銀行が設定されるので、同じ三菱から振込めば手数料が安く済みます。

参考までに三菱UFJ銀行の振込手数料を記載しておきます。

ATM(カード) 同一支店あて  無料
他店あて 108円
ATM(現金) 3万円未満 216円
3万円以上 432円
窓口での振込 3万円未満 324円
3万円以上 540円

口座振替での返済方法

口座振替の設定をして、自動引き落としで返済することもできます。

口座振替のメリット

  • 手数料無料
  • 店舗に出向く必要なし
  • 支払い忘れしにく
  • 人目を気にする必要がない
  • 移動の手間・時間の拘束がない
  • 計画的な返済が可能(強制的に支払われるため)

口座振替なら手数料無料で、店舗に出向く手間も支払い忘れの心配もありません。店舗に行かなくていいので、時間の節約になりますし、人目を気にする必要もありません。

口座振替のデメリット

  • 事前の手続きが必要
  • 開始まで時間がかかる
  • 口座に取引記録が残る

まず、口座振替を利用するには事前の申請が必要です。申請から実際に口座振替が始まるまで2〜3ヶ月期間がかかります。

したがって、契約当初から口座振替を選択した場合も、初め1〜2回の返済はアコムATMなどで行う必要があります。

また、リスクとして返済の記録が通帳に残ります。通帳に記載される名義は「ゆうちょ」か「ゆうちょ以外」かで以下のように異なります。

ゆうちょ銀行の場合 SMBC自払
ゆうちょ以外の場合 SMBC(ACサービス)

ゆうちょ以外の場合「ACサービス」と明記されるため、分かる人には分かってしまいます。

引き落とし名義でバレないようにするには「ゆうちょ銀行口座」を指定しましょう。

旦那さん・奥さんに内緒にしている場合には引き落としの記録自体バレる要素になりますので、注意が必要です。

口座振替に切り替えるには

途中で口座振替に切り替えたい場合には店頭もしくは郵送で口座番号と銀行届出印を提出する必要があります。

詳しくは「アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)」に相談してみましょう。

参考:アコムの問い合わせ先・電話番号まとめ【要件別一覧】

一目でわかるアコムの必要返済額と利息の計算方法

アコムでお金を借りたとして、月々いくら返済する必要があるのか。

また、金利は毎月どのくらい支払うことになるのか。

ここでは、最低返済額や利息の計算方法を具体的な金額をもとに解説していきます。

最低必要な返済金額のシミュレーション

アコムでは契約内容と借入金額によって最低必要な毎月の返済金額が決まります(約定返済額といいます)。

借入金額に「一定の割合」を掛け合わせることで計算することができます。「一定の割合」は「契約上の借入限度額(契約極度額)」によって異なります。

契約極度額100万円までの約定返済額を表にまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

契約極度額 一定の割合 借入金額 約定返済額(千円単位)
30万円以下 4.2% 10万円 5,000円
20万円 9,000円
30万円 13,000円
30万円超 3.0% 10万円 3,000円
20万円 6,000円
30万円 9,000円
40万円 12,000円
50万円 15,000円
100万円 30,000円

表の金額は毎月「最低限」返済が必要な額です。

  • 毎月2万円ずつ返済すると何回で完済できるんだろう?
  • 20回で完済したいんだけど毎月いくら支払えばいい?

このようなことでお悩みの方は以下の記事をご覧下さい。

アコムの返済シミュレーション!50万の返済額は月いくら?」で50万円借入れた場合に、毎月いくら支払えば何回で完済できるか一目で分かるようにシミュレーションしています。

利息の計算方法

利息の金額は以下の計算式で知ることができます。 借入残高×借入利率×利用日数÷365日 例えば、次のような条件でお金を借りたとします。

借入金額 10万円
借入金利 18%
利用日数 10日間

この場合の金利を計算してみると、以下のようになります。

100,000円×0.18×10日÷365日=493.15…→493円(1円未満は切り捨て)

金利計算の具体例は「アコムの金利を自分で計算する方法を教えて!応用できる豆知識」で詳しくご紹介していますので、参考にしてみて下さい。

元金の計算方法

アコムでは毎月の返済金額から利息を差し引いた金額が元金の返済に充てられます。 先ほどの利息と同様の条件で、返済金額が3,000円だったとします。

借入金額 10万円
借入金利 18%
利用日数 10日間
返済金額 3000円

元金の返済=3,000円-493円(利息)=2,507円

返済後の借入残高=100,000円-2,507円=97,493円

翌日からは97,493円に対して利息がかかることになります。 また、現在の借入残高が知りたい場合には以下の方法で確認が可能です。

  • 会員ログイン
  • アコムや提携のATM
  • 電話窓口
  • 店頭窓口
  • プッシュホンサービス(0120-134-567)
  • カード利用明細書(口座振替の場合)

アコムのお得な利用・返済方法

アコムは初回利用者向けのお得なキャンペーンや柔軟な返済システムを採用しています。

アコムのサービスを深く理解することで、金利の負担を少なく利用できるので、ぜひここで知っておいて下さい。

無利息サービスを使えば安く済む

ご存知の方が多いと思いますが、アコムは初回利用者向けに無利息サービスを実施しています。

無利息の適用条件や適用期間を正確に理解することで、金利負担を大幅に軽減することができます。

無利息の対象となる条件

30日間金利0円サービスの対象となるには以下2つの条件に当てはまる必要があります。

  1. アコムの利用がはじめて
  2. 返済期日を「35日ごと」で契約(※1)

アコムの返済期日について詳しくは後述しますが、「35日ごと」の返済を選択するようにして下さい。

無利息期間の開始日に注意!

無利息サービスの条件をクリアした場合に無利息期間がスタートしますが、この開始日に注意が必要です。

金利0円の期間は「契約日の翌日」から30日間とされています。

要するに、お金を借りていなくても、アコムと契約をした次の日から無利息期間が始まるということです。

したがって、「契約完了したらすぐにお金を借りる」もしくは「お金が必要な時期に日程を合わせて契約をする」ことで無利息期間の恩恵を最大化することができます。

50万円借りると7,400円お得

先ほどお伝えした方法で実際にどのくらいお得になるのか計算してみたいと思います。

50万円×18%×30日÷365日=7,397.26…

およそ7,400円も金利がお得になることが分かりますね。仮に100万円借入れるとすれば、2倍の金利が浮くことになります。

大きな借入の予定がある人ほど、無利息の恩恵は大きなものとなります。ぜひ、ここでの内容を理解して賢く利用して下さい。

追加返済(増額返済)の方法とメリット

お金に余裕があるときは追加返済することで、将来的な金利負担を小さくすることができます。

特別な手続きは必要なく、上乗せして支払うだけで完了します。

ただし、2倍支払ったからといって翌月支払いをしなくていいということにはなりません。

翌月以降の支払いに支障はないかよく考えて追加金額を決めましょう。

一括返済(全額支払)したい場合

借入残額を一括して返済することも可能です。 また、無利息サービスの期間内に全額支払いすれば、1円も金利を支払うことなく借入を終了させることができます。

一括返済の方法ですが、追加返済の場合と同様、特別な手続きは不要です。会員ページやATMにて借入残高と金利を確認後、通常の返済と同じ手順で支払いを行うだけでOKです。

一括返済の詳しい手順は「アコム一括返済はどうすればいい?その方法を丸ごと解説!」で解説しています。

なお、ATMでの返済の場合、細かい端数の支払いができません。端数が残ってしまった場合の対応については、次で解説します。

最後に端数が残った場合

1,000円未満の端数については、利息が発生せず支払期限も設定されません。

したがって、そのまま放置しても問題はありません。

ただし、端数の支払をしない限りは完済とならず、個人信用情報にも残高として記録が残ります(残高が記録される=悪いわけではありません)。

今後利用しないので解約したいというのであれば、端数まで支払を済ませる必要があります。

端数については「店頭窓口」や「銀行振込」で支払うことが可能です。一括で完済したい場合には店頭や振込で端数もまとめて支払ってしまうのが便利です。

詳しく知りたい場合は「アコムの解約方法」をご覧ください。

アコムの返済日と遅延時の対処法

アコムでは2種類の返済日を選ぶことができます(口座振替の場合は毎月6日が引き落とし日となります)。

  1. 35日ごと
  2. 毎月指定

ここでは上記2つの返済日の特徴や途中で返済日を変更する方法をお伝えしていきます。

また、返済日にお金が足りず遅れてしまう場合の対処方法や長期にわたって返済を放置した場合のリスクについても解説していきます。

35日ごと

最後に返済した日の翌日から35日以内に返済を行う方法です。 30日間金利0円サービスを受けるには、必ず「35日ごと」を選択する必要があります。

毎月指定期日

注意点としては、返済のタイミングが早すぎる(今月返済期日の15日以上前)と前月の追加入金分として扱われてしまうことです。

今月分の返済としてカウントされず、支払遅延の原因となりますので注意して下さい。

返済期日は変更可能

アコムの返済サイクルや返済期日は後から変更することもできます。

  • 35日ごと→毎月指定期日
  • 毎月指定期日の期日変更

どちらも電話で相談すれば変更可能です。変更時には利息の精算が必要ですのでご留意下さい。

参考:アコムの問い合わせ先・電話番号まとめ【要件別一覧】

返済が滞る場合の対処と放置した場合のペナルティ

返済していく中で、期日までの返済が難しいという場合もあるかと思います。

この場合には必ずオペレーターに相談しましょう。

放置してもいいことは一つもありません。

ここでは、返済が難しい場合の対処方法や長期延滞によるリスクについて解説します。

連絡すれば相談に乗ってくれる

今月は支払いが難しいと感じたら電話で相談しましょう。減額に応じてくれたり、金利だけでも支払えばOKとしてくれることがほとんどです。

期日を過ぎるとペナルティが課されますので、早めの相談を心がけましょう。

遅れると遅延損害金が発生する

期日までに何も返済しないでいると「遅延損害金」が発生します。これは通常の金利に上乗せされる罰金のようなものです。

きちんと対応していれば支払わなくてもいいはずのムダ金です。放っておくほど支払いの負担が増え、余計に返済が難しくなります。

放置すればブラックリスト

3ヶ月以上の長期延滞をすると信用情報に事故情報(いわゆるブラックリスト)として記録されます。

事故情報が記録されるとほぼ全てのローンで審査に通らなくなります。

ローンを組んでの住宅や自動車の購入を考えてeいた方が後悔するケースが非常に多いです。くれぐれもご注意下さい。

参考:個人信用情報が審査に占めるウェイトとは?

eメールサービスで支払忘れを防止

アコムではeメールサービスという返済期日のお知らせサービスを実施しています。下記3回のタイミングでメールによる通知をしてくれるというサービスです。

  1. 返済期日の3営業日前
  2. 返済期日の当日
  3. 返済期日が経過した後

返済が遅れると、遅延損害金という無駄なコストが発生する上に、最悪、信用情報を傷つける可能性があります。

「悪気はないけど、うっかり忘れが多い。」という方はぜひ設定をおすすめします。eメールサービスはアコムの会員ページから設定ができます。

参考:アコムの会員ページにログインすると超便利!必要手続きが全部できるよ

アコム返済や返済方法にまつわるQ&A

アコムの明細に次回返済日が4月28日最低返済額12,000円と記録されています。

配偶者に2万入金したと確認したのですが、記録が無いと言われました。配偶者がウソをついているのですか?

配偶者がウソをついているか?は本人しかわかりませんが、このまま返済をを放置していると個人信用機関に長期延滞として金融事故情報が記録されいます。

最悪、自動車ローンや住宅ローンが組めなくなりますし、クレジットカードも作れなくなります。最寄りのむじんくんやコンビニや提携ATMなどで返済されることをお勧めします。

むじんくんなら22:00まで営業していますし、コンビニなどの提携ATMなら24時間対応しています。

先日アコムで初めて返済しました。毎月の約定返済額が12,000円なのですが、近くのコンビニATMでは10,000以下は返済できず、結局20,000円をアコムの返済にあてました。

差額の8,000円は私の銀行口座に戻ってくるのでしょうか?

約定返済額以上の返済は全て元金に充当されますので、おつりとして戻ってくることはありません。繰り上げ返済に充てられます。

アコムの返済について、手持ちのお金がなくて利息分しか返済できませんが認めてもらえるのでしょうか?

利息のみ返済でも問題ありません。借入金額によって利息が決まっています。

借入額 利息
5万円 739円
10万円 1,479円
20万円 2,958円
50万円 7,397円

上記は金利18.0%の場合

元金が返済できず利息のみのやり方でも問題ありません。返済の遅れや滞納扱いにもなりません。

何か困ったことがあれば、アコム総合カードローンデスク(0120-629-215・平9:00~18:00)を利用してみてください。

アコムの返済に間に合いません。毎月29日に15,000円の返済です。

もし、遅延した場合は、遅延損害金として1日づつ損害金が増えていきあすか?給料日まであと10日なので、それまで返済できません。

日割りで遅延損害金が発生します。アコム総合カードローンデスク(0120-629-215・平9:00~18:00)に連絡すれば、遅延損害金の額を教えてもらえます。

放置が一番よくありません。会員資格の停止(カード使えない)や最悪信用情報機関に延滞歴が記録されます。

アコムで50万円の借入がありまして、毎月12,000円づつの返済で現在残高が30万円あります。

新車購入の予定がありまして、一括返済を行いたいのですが、利息がかかる分、総返済額がいくらになるのか?わかりません。近くにむじんくんも無くコンビニATMではわかりません。

金利は1日1日で変わりますので、一括返済を希望する際は、アコムへ連絡して「何日付けで繰り上げで返済するので、完済金額を教えてください。」と伝えるか「店頭窓口で完済する。」のが基本です。

たとえ硬貨単位での端数が残っていれば、完成扱いにはなりません。完済扱いしたければ、1円の小銭単位まで間違いないなく完済するようにしてください。

アコムの返済について、毎月決まった返済額をコンビニATMで返済しています。決められた毎月の返済額以上の返済は可能なのでしょうか?

また退会方法も教えてください。

アコムへの返済額は双方が合意の上で契約時に決まります。

約定返済額以上ならいくらでも返済可能ですので、最低額(約定返済額)は無視して金融機関のATMやむじんくんに好きなだけ現金を振込んでください。

この場合、当月増額返済という形式になるため、借入残高が1,000円以上あれば次月も返済が必要です。

なお、残高が1,000円に満たない場合は無利息残高といって、返済しなくても良いことになります。

なお、解約は無利息残高が残っていても可能ですが、完済扱いとはなりません。全額を完済したいなら、ATM手数料が1万円以下なら105円~210円かかることも考慮にいれましょう。