消費者金融会社歴15年の萬田金太郎がカードローン審査に落ちない秘訣を徹底解説

サイトマップ
カードローン110番

カードローン審査が不安な方へ

こんにちは!!管理人の萬田(まんだと読みます)金太郎です。

カードローンを利用して生活費に充てたいけど、審査が不安。そんな人も多いと思います。

このサイトは消費者金融会社勤務歴15年の管理人がカードローン会社はどんな視点で審査を行っているのか?や業界人だからこそ推奨したいお勧めのカードローン会社を紹介します。

世の中にはたくさんのお金を貸してくれるサービスがありますが、どこで借りるのがベストだと思いますか?

多くの方が「適当」に選んで申込みしているのが現実なのですが、審査に通過しなければ借入できません。

「適当」に申し込んで審査に落ちると、大切な信用情報に傷がつくため、お金を借りることがますます難しくなります。 だからこそ、カードローン審査に絶対通過するよう臨むべきなのです。

このサイトでは、消費者金融会社勤務歴15年の管理人が審査に通過することをし第一にお勧めのカードローンを説明します。

カードローンの種類について

カードローンには2種類あります。「消費者金融系」と「銀行系」の2つがります。機能的なメリット・デメリットは抜きにして、審査通過を第一に考えるなら、迷わず「消費者金融系」を選択してください。

消費者金融系のメリット

  • 即日借入が可能
  • 2人に1人は審査通過している
  • 無利息期間があり

消費者金融という言葉には、サラ金や怖いイメージがありますが、まったくの誤解です。

例えば、消費者金融のアコムは三菱UFJフィナンシャルグループですし、プロミスは三井住友銀行グループです。

おまけに、アコムやプロミスは即日借入が可能ですし、30日間の無利息期間があります。期限内に返済すれば金利0円での借入も可能です。

次は当サイトが自信をもっておすすめするカードローンを紹介します。

審査スピードが最速!カードローン

はじめての方は、ランキング1位をチェックしてください。なぜなら、多くの方々がお金を借りている実績があるため、借入までのスピードが早い、さらに無利息期間が最大限利用できるからです。

ちょっとした、生活費の足しとして、数千円単位からの利用も可能な消費者金融系がおすすめです。

【プロミス】

すぐに!バレずに!負担なく借り入れしたいならプロミスで決まり!

即日借入ならプロミス。

3秒診断が超便利!融資可能か今すぐチェック

金利 融資限度額 審査スピード
4.5-17.8% 500万円 最短30分

【アコム】

完全無利息で即日高額融資を狙うならアコムです!

誰にもバレない。郵送物届かない。1000円からOK。

3拍子そろった利用者に優しいカードローン

金利 融資限度額 審査スピード
3.0%~18.0% 800万円 最短30分

【モビット】

モビットWEB完結申込みなら電話連絡も郵送物も一切ナシに!

モビットのWEB完結なら誰にもバレずにしかも、在籍確認まで省略可能!

金利 融資限度額 審査スピード
3.0%~18.0% 800万円 最短即日

【アイフル】

最大30日間無利息!アイフルなら来店不要でカンタン即日キャッシング!!

生活費の補てん、レジャーなど様々な目的で借入可能

即日OK30日間無利息対応。

金利 融資限度額 審査スピード
5.0%~18.0% 500万円 最短即日

【レイク】

即日融資&金利ゼロを銀行系で求めるならレイクがおすすめ!

金利 融資限度額 審査スピード
4.5%~18.0% 500万円 申込み後すぐ

お金借りたい!あなたはどのタイプ

審査通過率で選ぶ!カードローン

大手消費者金融ではIR情報から審査通過率を発表しています。参考までに大手3社の審査通過率は以下となります。

会社名 新規申込者数 貸付人数 審査通過率
アコム 125,107 60,113 約48.0%
アイフル 100,336 46,964 約46.8%
プロミス 123,335 53,748 約43.6%
ノーローン 7,048 1,600 約22.7%
モビット データなし

結果から見ると、アコムが最も審査通過率が高いことがわかります。2人に1人は審査通過していることが言えます。これは、非常に高い数値です。

銀行系カードローンですと審査通過率として、30%に満たない場合も多いため大手消費者金融の審査通過率は驚異的と言っても過言ではありません。

ちなみに、ノーローンは3社と比較しても審査通過率が非常に低く、平均で22%程度です。これは、銀行カードローンよりも審査が厳しいため、カードローンを申し込む際は、ノーローンを避けるようにしてください。

カードローン審査の流れ

店頭でしたら申し込み用紙、WEBだったらメールの送信情報を元に名前、生年月日をベースに①個人信用情報機関へ照会します。

その際、申込者の借入状況、住所(居住地)、返済が延滞した等の事故情報が無いかを調査します。また、社内データを確認して重複利用者ではないか?をチェックします。

その後、②申込者の収入、勤続年数、勤務先を確認して③在籍確認(電話確認)の連絡を行い問題無いようであれば審査通過という流れになります。

上場会社の場合、外部へ情報公開していますので審査基準上、新規借入契約と既存契約との増減を厳格に分けています。

基本的に10年を超えると新規融資の扱いになりますが、1年以内での申込者の場合、既存契約扱いとなります。

当然、前者と後者では審査基準も異なります。

また、信用情報上、問題無い場合でも社内ブラックに該当する場合は、審査落ちの可能性が高いため注意が必要です。

社内ブラックとは、過去にクレームなどのトラブルや和解などで債務を免除あるいは減額した場合、ほぼ自動的に審査に落ちます。

この場合、WEB、無人契約機、店頭による対面であろうが一切関係ありません。

現在は自動審査が主流ではありますが、例え無人契約機でも対面しないだけで機械の先には人間がいます。WEB、無人契約機、店頭に関係なく見るべきものは全て一緒です。

たとえ審査時間が最短30分とPRしている消費者金融でも、簡易審査では問題無い場合でも本審査で社内ブラックに該当して審査落ちする可能性も十分ありますので注意が必要です。

申込時の確認項目をもっと詳しく!確認される理由とは?

貸金業者にお金の借入をする場合には、申込書に個人情報などの申込内容の項目を詳しく記入する必要があります。借り入れ時の申込内容記入のポイントは、正直に詳しく書くことが大切です。

勤務形態は会社員や契約社員に関わらず偽りなく記入し、会社名まで詳しく書く必要があります。専業主婦や学生、パート・アルバイトの場合もそのむねキチンと記入します。

また、住居に住んでいる期間も審査で重要なポイントとなりますので、居住年数も正確に記入しましょう。

連絡先電話番号は携帯電話だけでなく固定電話も記入すると信頼性が上がりますので、ちゃんと記入しておくことがおすすめです。

これらの情報も借入希望額に対してどれくらいの借入金額になるかに影響しますので、実は大切な要素なのです。

申込情報が重要であるのは大手銀行もネット銀行も大手消費者金融も同じなので、利用希望者はしっかりと覚えておきましょう。

電話番号が本当に通じるか?住所が実在か確認!

申込情報が正しいかどうかは、さまざまな方法で確認されます。

これらの確認により不備が見つかれば、融資希望額に対して融資額が減額となったり、場合によっては融資不可となるケースもあるので、審査通過率にも影響を与えます。

申込情報は本人確認書類で確認できる項目以外にもしっかりとチェックが入っており、たとえば電話が本当につながる番号かどうか、消費者金融業者側の担当者から電話連絡が入ります。

住所が正しいかどうかもインターネットが普及している今の時代では調査の難易度は低いので、お客さまとなった対象顧客データはしっかりとした確認がなされた上で、融資可能額が決められています。

周りにバレたくない!在籍確認の対処法

金融業界の借入サービスを利用する場合には、運転免許証や健康保険証など、確認書類での確認作業だけでなく、本人確認の電話が勤務先にかかってきます。

これは利用額や利用目的に関わらず行われていますので、あらかじめ想定しておく必要があります。

しかし、大半の人が本人確認によって職場に借り入れがバレないか不安を持っておられるようです。

たとえば職場の同僚があなた宛ての電話にを取り次ぐ時に、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行のようなメガバンクであったり、オリックス銀行や楽天銀行などの銀行グループからの電話であればあなたも気にならないかも知れません。

しかし、同じ金融機関でも、銀行側ではなくアコムや新生銀行レイクなど、消費者金融大手からの電話の場合、大手であるだけに誰もが知っていて抵抗があるという人もいらっしゃいます。

三菱UJFフィナンシャルグループだったとしても、東京三菱UFJ銀行からかかってくるのと、消費者金融最大手のアコムから電話が入るのとでは、消費者信用の度合が異なるでしょう。

そのため、消費者金融が電話をかける場合には、消費者金融からの電話であることが分からないように配慮して電話してくれるので安心です。

他社借入件数が複数の場合は経験者なのでご存知かも知れませんが、新規貸付で初めての借入である場合は、在籍確認も初めての経験だと思いますので不安かも知れませんが、普段どおりの生活ができるように配慮知れもらえますので不安になる必要はありません。

特に自動契約機を持っているところは、ドアにオートロックがかかるなど、プライバシーへの配慮は万全です。

ちなみに借入先からの確認電話は契約者本人が出れなかったとしても、在籍していることの確認が取れればオッケーなので、必ずしも本人がでなければならないということではありません。

消費者金融ごとに申し込み条件は異なるの?

消費者金融に申し込みをしようと思ったとしても、どんな情報を見てどこの消費者金融を選べばいいか分からないという人も多いようです。

消費者金融を選ぶ場合には、金利が低いかどうかや、融資限度額が希望借入額と比べてどれくらいかという借入情報、無利息サービスがあるかや、ある場合の無利息期間がどれくらいかなど、さまざまな視点で選択されるかと思います。

人によっては店舗や無人契約機がどこにあるかまでチェックしたり、返済額のシュミレーションを事前にしている人までいらっしゃるようです。

しかし、これらの前に、あなたの状況が申し込み条件をクリアしているのかがまず最初に見るべきポイントではないでしょうか?

申し込み条件をクリアしていなければ、あなたの希望融資額がどうかも関係ありません。

あなたが滞納者であったり、金融事故者や年金滞納者という審査ポイント以前に、申し込み条件を満たしていなければ即落とされます。

他社借入総額などを気にするまえに、まずは各社の申し込み条件を把握しておきましょう。

消費者金融各社の申し込み条件を比較

大手消費者金融の借入限度額をまとめてみました。

《借り入れ限度額まとめ》

  • アイフル:20歳以上69歳以下
  • アコム:20歳以上69歳以下
  • プロミス:20歳以上69歳以下
  • モビット:20歳以上69歳以下
  • レイク:20歳以上70歳以下

※いずれも安定収入があることが前提

これらを確認すると、大半が20歳から69歳で安定収入がある人となっており、レイクだけが70歳まで申し込めることが分かります。

金利や借入限度額、IR情報を確認する前に、まずあなたがこの条件を満たしているかを確認しておきましょう。

①個人信用情報機関への照会とは?

個人信用情報機関とは、消費者金融やカードローンを発行している会社(保証会社)が申込みを受けた際に申込者の承諾を得て、キャッシングの場合は、株式会社日本信用情報機構 略してJICC(ジェイアイシーシー)へ照会を行います。

JICCの場合、信用情報記録開示書に氏名、住所、勤務先だけでなく貸付、利用金額、貸付日、延滞、債務整理、保証履行等も記録されます。

現在、JICC以外で個人信用情報機関としては、CIC(シーアイシー)、全銀協(KSC)がありますが、キャッシングやカードローンで審査を行う場合はJICCをメインで利用します。

申込み内容によってはCICを利用する場合もあります。

CICを利用するケースとしては、高額の借入希望者(100万以上)や他社の借入件数が5件以上の場合です。

より審査を厳格にするためCICへも照会します。

なお、審査査に受かるコツとしては、信用情報上に事故などのブラック情報が無いことが絶対条件となります。

現在、延滞が解消されていても異動情報が記録されていれば、必ず審査に落ちます。 心配な人は、JICCへ情報開示されることをお薦めします。また、より万全を期すためには、CICへも情報開示した方が良いでしょう。

【参考】株式会社日本信用情報機構(JICC)の開示書
▼画像をクリックすると拡大します。

ブラック情報(事故情報)とは、JICCでは異動参考情報として記録されます
(上記赤枠を参照してください)。

では、異動参考情報はどんな行為が記録されるかと言いますと①延滞、元金滞納、利息延滞となり3ヶ月以上の入金がされていない。

②債務整理(破産免責、特定調停、民事再生)③保証履行(保証会社によって債務が弁済された)④連帯保証人の弁済やカードの強制解約などを行うと異動参考情報として記録され信用力が極端に低下します。

この状態で申し込みを行っても、金融業者としては、審査に落とさざるを得ません。

いくら申込み者本人の勤務先、年収、勤続年数なども申し分なく返済能力が高い人であっても信用情報機関に異動情報が記録されていると銀行系ではまず借入れが難しいと考えてください。

また、銀行系の場合は、JICCだけではなく全国銀行個人信用情報センター(KSC)やCIC情報機関の3社に加盟しており、それぞれの個人信用情報を照会します。

以下はCICの開示報告書となり、24返済状況に異動と記録されます。

また、異動情報として記録されていなくとも、入金状況も非常に重要です。CICを例に取りますと直近2年以内にAやPマーク等の未入金を示す情報が記録されていると異動情報があるのと同じ扱いを受け審査通過が困難になります。

その場合は、比較的審査が柔軟な消費者金融系の利用をお勧めします。

【参考】株式会社シー・アイ・シーCICの開示書 ▼画像をクリックすると拡大します。

カードローンの審査に落ちやすい人の特徴はこんな人!

カードローンの審査に落ちる人には一定の特徴があります。

借入申込時に申込者本人は支払い能力があると思っていたとしても、融資サービスをする側の金融機関が借入返済にリスクがあるとみなした場合には、審査に落とされてしまいます。

また、自分の場合は少額融資なら借金できると、与信枠や貸付額にたかをくくっている人もいらっしゃいますが、いざ審査をしてみると少額の申込額に対してもゼロ回答というケースもあります。

その結果、ヤミ金(闇金融)といわれる違法業者でしか貸して貰えない事態になる可能性もあり、金策が難しくなる場合もあり得ます。

そこで、この記事では審査落ちする人の特徴を注意点としてまとめました。どういう人が審査に落ちているのか、申し込みの前に把握しておきましょう。

安定収入がない人

安定収入がない人は審査で落される可能性が高いでしょう。

個人向けのカードローンであれば、大抵の場合が定期収入があることが申込条件となっており、新規申込者であろうが増額であろうがその条件には変わりありません。

よく年金生活者が借り入れ可能かという質問がありますが、安定収入が前提となります。

また、法人代表者や自営業者は審査で不利となる場合がありますが、別にそれだけで審査に落ちるわけではありません。収入額によっては限度額最高分の枠をもらえることもあります。

いずれにせよ、安定収入に継続性があることが条件となっておいますので、現在安定収入がない場合には、借入が難しいといえるでしょう。

ちなみに希望金額によっては収入確認書類を求められることもありますので、誤魔化しはききません。

複数社から借入している人

複数業者から借入をしている場合にも審査で落される可能性が高くなります。

これは銀行員のカードローン審査担当者(銀行名公表NG)と、大手消費者金融L社で働く審査担当者にヒアリングをしたのですが、借入残高が多いよりも借り入れ件数が多い方が審査では不利となるようです。

これは大手金融機関であろうが中小事業者であろうが同じで、申込用紙の他社借入件数はしっかりとチェックされています。

借入件数が多い場合には少しでも借入件数を減らすか、借り換えなどの対策が必要です。

信用情報ブラックの人

金融機関やクレジットカード会社、信販会社は指定信用情報機関に信用情報照会をすることができます。

信用機関の信用情報履歴には現在の借入の支払い情報や返済日、貸付残高など、金融取引の情報がつぶさに掲載されています。

もしも延滞履歴や滞納歴などがあると信用情報ブラックとなります。

返済延滞を起こした滞納経験者の履歴は信用情報登録機関に数年間登録されますので、貸付の対象外となる可能性が高くなります。

また、遅延だけでなく債務整理や自己破産などの破産情報も登録されますので、この場合も審査通過は難しいでしょう。

申し込みブラックの人

カードローンに申し込む方法はとても手軽になっています。

インターネットで手軽に入力項目を埋めるだけで申し込みができたり、大手銀行グループカードローンでは銀行系ならではの有利な上限金利で申し込みができたり、大手消費者金融では無利息期間サービスがあるなど、人気のカードローンほど手軽に申し込みが可能です。

また、必要書類も対応している書類が多く、免許証や国民健康保険証、社会保険証などの本人確認証明書や、課税証明書や納税証明書、源泉徴収票、確定申告書などの収入証明書の提出も簡単です。

そのため、高い借入上限額を設定して気軽に申し込む人が多いようですが、実は短期間に複数社の申し込みをすると申し込みブラックとなってしまいます。

借入申し込み前に借入診断を行うか、スタッフに相談することをおすすめします。

カードローンの審査に通りやすい人の特徴はこんな人!

審査に自信がない人がいらっしゃる反面、審査に通りやすい人は新規貸付率が低くて審査が厳しいカードローンでもしっかりと通過されています。実は審査合格者にも共通点があるのです。

果たして審査に通りやすい人の特徴はどんな人なのでしょうか?

雇用形態が安定している人

申し込み時には勤務先名や本社情報、勤務先電話番号などを記入します。派遣社員の場合には派遣先など勤務状況を詳しく記載する必要があります。

その場合に大手企業で勤めている人や、勤務年数が長い場合など、雇用形態が安定している人は審査に通りやすくなります。

一定の借入金額までは在籍確認無しの業者もあるようですが、原則勤務先確認として在籍確認電話が入ります。

同僚や勤務先責任者にバレたくないと心配する人もいらっしゃるようですが、担当者個人名で電話が入るなどカードローンの借入であることがバレないように配慮されているので、在籍確認が入ったとしても安心です。

クレヒスが長い人

クレジットカードの利用履歴であるクレジットカードヒストリー長い人も審査では有利となります。

もちろん、クレジットカード以外にも、カードローンの利用履歴があり、しっかりと返済している場合には実績として見てもらえます。

既婚者か同居人がいる人

独身者よりも既婚者の方が審査では有利となります。これは社会的信用につながるとみなされているようです。

また、配偶者か同居人がいることもプラス材料となります。安定した生活をする責任を持っている人ほど融資での信頼性が高いことが伺えます。

ちなみに、自宅の状況は賃貸よりも持ち家が有利となりますので、持ち家で家族を養っている人は賃貸の独身者よりも借り入れがしやすいといえるでしょう。

団体保険に加入する必要はないの?

かつて消費者金融から借入をする場合には、同時に金融保険として団体保険に加入するのが当たり前でした。

借入者に万が一のことがあった場合に、保険金が保険会社から支払われて返済にあてられたのです。しかし、自殺者が後を絶たなかったことから現在は廃止されています。

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違いとは?

カードローンを借り入れするには、銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンの2つの種類があります。

いずれも手軽に借り入れができて、安心して返済をすることが可能なカードローンとなっています。

では、それぞれのカードローンはどのような違いがあるのでしょうか?銀行系カードローンのメリットとデメリット、消費者金融系カードローンのメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

銀行系カードローンのメリット・デメリット

銀行系カードローンのメリットは、消費者金融系カードローンと比べて金利が低く設定されていることがあげられます。

必要なお金を低金利で借り入れすることができるため、負担が少なく返済をしていくことが可能です。

また、銀行ブランドである安心感もある上、ローンカードにも銀行名が入っているので、借入れをしていることがバレにくいという特徴もあります。

周りの人に知られずに借り入れをしたい人におすすめです。

銀行系カードローンのデメリットは、比較的審査が厳しいところがあげられます。消費者金融では十分審査が通るのに、銀行系では落ちるということもあり得るでしょう。

融資限度額は各社ごとに異なり、みずほ銀行口座のように1,000万円が上限の所もあれば、数十万円が限度額のところもあり、消費者金融よりもサービス内容のバリエーションが多いことも特徴です。

消費者金融系カードローンのメリット・デメリット

消費者金融系カードローンのメリットは、審査に通りやすいところが最大のメリットです。銀行カードローンの審査に落ちた人が、その受け皿として利用していることも多いようです。

また、大抵の大手消費者金融は、即日融資に対応しており、急ぎでお金が必要な人の助けとなっています。急な金策が必要な人にとってスピード融資はとてもありがたいサービスといえるでしょう。

消費者金融カードローンのデメリットは金利があげられます。銀行カードローンよりも割高となるため、長い目で見た時に返済額が多くなってしまいます。

ただし、消費者金融の中には一定期間金利無料サービスを行っているところもあり、場合によっては銀行系カードローンよりも低金利で借り入れすることも可能です。

信用情報ブラックになりやすいのはこれ!普段から要注意!

申込の際には免許証や健康保険証などの本人確認書類の他、場合によっては収入証明書類を求められるケースもあります。

しかし、本人の個人情報がクリアとなったとしても、信用情報ブラックになっていては審査通過は難しくなります。

では、信用情報ブラックにならないためにはどういうことに気を付ければ良いのでしょうか?信用情報ブラックなってしまうよくあるきっかけを紹介します。

スマホ端末の分割払い

信用情報はクレジットカードの支払いや、カードローンやキャッシングをしっかりと返してさえいれば傷がつくことはないと思っている人も多いようですが、実は他にも意外な落とし穴があります。

それは、スマホ端末の分割払いです。 スマホ端末は申し込み時から一定の契約期間、分割払いとなっており、利用料金に上乗せして毎月支払っています。スマホ端末料金が未払いとなると信用情報にキズが付くので注意が必要です。

奨学金の延滞や未払い

奨学金を滞納したり未払いになった場合にも信用情報ブラックとなってしまいます。大学などに通う場合、親の収入では入学金や学費が払いきれず、奨学金を利用している学生が数多くいらっしゃいます。

しかし、この奨学金が落とし穴となって信用情報ブラックとなってしまう事例もありますので、若い年代のうちからいきなり信用情報にキズがついてしまわないようにしっかりと返済する必要があります。

複数社へ借り入れ申し込み

複数社に一度に借り入れ申し込みをした場合にも信用情報ブラックとなるケースがあります。

たとえば半年の間に複数社に借り入れ申し込みをしているという履歴が見られてしまうと、返済能力や信頼性の面で大きなハンデを負うことになります。

余分な申し込みは極力控え、必要な場合にはなるべく1社厳選して申し込みをしましょう。

信用情報が全く白紙だとかえって怪しまれるの?

信用情報ブラックになったとしても、その内容によって数年後には金融事故がクリアされます。

しかし、クレジットカードなどの利用履歴もないスーパーホワイト状態になってしまうため、場合によっては金融事故を起こした経験がある人だとみなされてしまいます。

その対策としては、現金主義だったということで、金融事故者の疑いの目をそらすことができます。もしもスーパーホワイトの場合は覚えておきましょう。

審査スピードが最速!カードローン

はじめての方は、ランキング1位をチェックしてください。なぜなら、多くの方々がお金を借りている実績があるため、借入までのスピードが早い、さらに無利息期間が最大限利用できるからです。

ちょっとした、生活費の足しとして、数千円単位からの利用も可能な消費者金融系がおすすめです。

【プロミス】

すぐに!バレずに!負担なく借り入れしたいならプロミスで決まり!

即日借入ならプロミス。

3秒診断が超便利!融資可能か今すぐチェック

金利 融資限度額 審査スピード
4.5-17.8% 500万円 最短30分

【アコム】

完全無利息で即日高額融資を狙うならアコムです!

誰にもバレない。郵送物届かない。1000円からOK。

3拍子そろった利用者に優しいカードローン

金利 融資限度額 審査スピード
3.0%~18.0% 800万円 最短30分

【モビット】

モビットWEB完結申込みなら電話連絡も郵送物も一切ナシに!

モビットのWEB完結なら誰にもバレずにしかも、在籍確認まで省略可能!

金利 融資限度額 審査スピード
3.0%~18.0% 800万円 最短即日

【アイフル】

最大30日間無利息!アイフルなら来店不要でカンタン即日キャッシング!!

生活費の補てん、レジャーなど様々な目的で借入可能

即日OK30日間無利息対応。

金利 融資限度額 審査スピード
5.0%~18.0% 500万円 最短即日

【レイク】

即日融資&金利ゼロを銀行系で求めるならレイクがおすすめ!

金利 融資限度額 審査スピード
4.5%~18.0% 500万円 申込み後すぐ

お金借りたい!あなたはどのタイプ

申込情報から返済能力を確認する属性スコアリング

信用情報の次に重要なのがスコアリングです。スコアリングと言ってもピンと来ない人も多いと思います。スコアリングとは、申込者の属性情報(年齢、勤務先、勤続年数、年収、家族構成、居住形態)を点数化します。例えば、以下は私が現役時代に勤務していた会社の評点です。 ■職業

公務員 153
弁護士 147
医師 142
会計士 137
税理士 137
会社員一般 127
会社員管理職 122
会社役員 117
会社経営者(法人) 116
契約社員 112
派遣社員 101
自営(個人事業主) 91
パート 50
年金生活者 6
主婦 3

一番信用力の高い職業は公務員であり、医師、弁護士などの収入の高い職業よりも評点が高いのは非常に興味深いです。 ■給与形態

固定給 44
年俸 39
歩合給 34
週給 18
日給 13
時短 8
その他 8

■住居種類

一戸建(家族所有) 44
一戸建(自己所有) 39
マンション(自己所有) 34
マンション(家族所有) 24
借家、アパート 3

自己所有よりも家族所有の方に配点が高いのは、家族による住居費負担は申込本人の可処分所得に影響がないからです。

一見、自己所有の方が資産として評価されると思われる人もいると思いますが、抵当権の設定で価値が低かったり、住宅ローンの支払いで可処分所得が低くなることが理由です。

上記は、ほんの一例ではありますが申込情報を元に属性に応じた配点が決まっており、コンピューターによって申込者の点数がつけられて評価され総合点数が審査基準をクリアしていれば審査通過となります。

仮に総合点数が審査基準をクリアしていても消費者金融系であれば、既存の借入額(利用限度額や利用可能枠は関係ありません。)が総量規制(年収の3分の1)に抵触していれば否決されますし、銀行系であれば上述の信用情報機関に事故情報が記録されていれば否決されます。

その後、在籍確認などの人的審査を経て契約希望額のカードが発行されます。

このサイトを運営していると銀行系と消費者金融系がありますが、どちらが良いのでしょうか?と質問をいただくことがあります。

審査面においては、消費者金融系が借りやすいのですが、以下の貸金業法上の規制を受けるため注意が必要です。 (総量規制によって借入不可)

(源泉徴収や給与証明などの収入証明書の提出が必要)

一方、銀行系の場合は総量規制(年収の3分の1)の影響を受けませんし、限度額300万円以内であれば、収入証明の提出が不要です。